転んでもタダでは起き上がらない不屈の精神を!

英語力を身につけるには、純粋な意味での

「語学力」も重要ですが、もっと重要なのは

「不屈の精神(力)」かも知れません。

これは最近特に感じることです。

 

例えば、リスニングで相手の言っていることが

ちょっとでも聴き取れないと、もうそこで

「ダメだ~」となってしまう人。

 

ネイティブにペラペラとまくしたてられると

何も言えなくなり下を向いてしまう人。

ちょっとでも失敗するとそれだけで何も

言えなくなってしまう人。

 

日本人の英語学習者には、そんな

「メンタル的に弱い人」が多いような気が

します。

 

しかし、実際に英語力を身につけることが

出来た日本人を見渡すと、何と言うか…

「不屈の精神力」を持っている人が多いのです。

いわゆる「転んでもタダでは起きない」

タイプの人たちですね。

 

具体的に言えば、相手の言っている英語が

聴き取れなくても凹むことなく、何度でも

自分が納得いくまで聞き返せるような人。

そういう人は「聴き取れたフリ」をしません。

 

また、自分の英語の表現が通じなくても

決してひるまず、どんどん言いたいことを

言い続けられる人。或いは、自分の英語の

間違いを指摘してもらい、それを前向きに

受け止めて改善につなげることが出来る人。

 

このように、ちょっとやそっとのことで

いちいちシュンとせず、多少の間違いや

失敗、または恥をかくことがあっても

逆にそれをバネに前進できる人が、やはり

最終的には英語力を身につけることが出来る

のだと思います。

 

確かに、英語が通じなかったり、相手の

英語を聴き取れなかったり、いつまで経っても

失敗ばかりでは凹む気持ちもわかります。

しかし、そこでググッと耐えて、落ち込む暇が

あれば更なる精進に尽力出来るという人が

最終的には英語力を勝ち取るのでは

ないでしょうか^^

 

不屈の精神をもって頑張り続けましょう!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ