英語の慣用表現を知っている人には、かないません…

 

英語の習得方法は大きく分けて二つあります。

一つは、単語を覚えて、文法を勉強して、

教科書的な知識をしっかりと覚えるやり方。

まぁ、大半の日本人はこのやり方で英語を学んで

いますね。

 

 

もう一つは、単語や文法、教科書的な知識は

後回しにして、まずはネイティブ・スピーカーが

使っている慣用的な表現をどんどん身につけて

しまう…というアプローチ。これは私が推奨

している、ちょっと粗削りな英語習得方法です。

 

 

いずれの方法であっても、きちんと学習を

続ければ、最終的には英語力を身につける

ことが出来るでしょう。したがって、

どちらが良いという話ではありません。

 

 

しかし、一つだけ決定的な違いがあるのです。

それは、「ネイティブ・スピーカーが実際に

使っている慣用表現」を知っている方が常に、

圧倒的に有利である…という事実です。

 

 

例えば一つの英文の文法的な整合性について、

日本人の英文法学者同士が「あ~でもない、

こ~でもない…」と論争を続けていたとします。

 

 

そこにヒョコッとネイティブ・スピーカーが

現れて「どっちでもいいんじゃね?」と告げれば、

それで試合終了。ゴングがカンカンカン~!と

鳴って「ハイ、それま~で~ヨ」というわけです。

(表現が古いね、相変わらず^^;)

 

 

つまり、時制がどうだとか、冠詞があーだとか、

仮定法が好きとか、そういうことは一切関係なく、

ネイティブ・スピーカーが普段の日常生活で

使っている英語表現が常に最強であるという

ことなんです。

 

 

実は、英語をペラペラと話せる日本人ほど、

文法を知らない…という驚愕の事実があります^^;

一流の通訳者であっても、意外と英文法を

知らなかったりするのです(これは、英文を

書かせるとすぐに分かります)。

 

 

しかし、本人たちはそんなことをお構いなしです。

なぜなら、ネイティブが使っている慣用的な

英語の表現の方が常に優位に立つからです。

文法であーだこーだ言っても、そんなん知らねーよ!

と言われたら終わり…ということなのです^^;

 

 

これは私たちが話している日本語を考えれば、

すぐに理解出来ることです。私たちは日常生活で

文法通りの日本語など誰も話していないからです。

日本語では文法を気にせず、英語では文法を

すごく気にしちゃうというのが日本人の悪い癖ですが、

そろそろ、この癖を治すべき時なのではないでしょうか^^

 

 

追伸:

そんな「最強の英語の慣用的表現」を身につけるには

このメール講座が最適です。毎回ご紹介する英語の

慣用的表現(これをライン、パーツ、フォームと

言いますが)の数は本当にハンパないっす。

 

こんなのを、面倒臭い文法の解説なんかすっ飛ばして、

とにかく楽しく、どんどん、どんどん覚えて、自分専用

の表現にパーソナライズしていく…。それこそが、

最も自然で、最も効果的な英語習得法だと思いませんか?

 

残り9名。先延ばしにしない方がいいです^^

「よし、やろう!」と思った時が「始め時」ですよ。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/movieenglish/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ