本当の英語力は「体験」でしか身につかないのです

 

昔、好きな音楽を聴く時には CD を

買っていました(さらに大昔はレコードを

買っていました。懐かしい~)。

 

 

しかし、昨今ではダウンロードが主流に

なって、さらに YouTube で今やどんな音楽も

自由に聴くことが出来るようになり…

今どき CD なんか買う人は本当に少なく

なってしまいましたね^^;

 

 

当然そうなるとミュージシャンはどうやって

お金を稼ぐのか、心配になりますね。

今後、音楽が全部タダになったら、それこそ

音楽を作るプロのミュージシャンは居なくなって

しまうのではないか?と思われます。

 

 

では、今どきのミュージシャンはどうやって

お金を稼いでいるのかというと、ライブや

イベントといった「体験」を売る形のビジネス

に移行しつつあるそうです。

 

 

確かに、YouTube ではレコーディングされた

音楽しか聴くことが出来ませんが、「ライブ」は

その場に行って音楽を生で聴くという「体験」

そのものです。まぁ、これは言ってみれば

本来の音楽の楽しみ方に戻ったということでしょう。

 

 

ここで英語の話になりますが、英語も本来は

「体験」のみを通して上達するものと言えます。

例えば、英語の教科書や参考書、問題集なんか

机の上でジッと睨めっこしていても、本当の

英語力は身に付きません。

 

 

実際に、外国人と会ったり、話をしたりする

という「体験」を通してのみ身につけることが

出来るのです(もちろん、そのための準備は

机の上でじっくり行う必要はありますが^^)。

 

 

なかなか英語を話せるようにならない、

聴き取れるようにならない…と嘆かれる学習者に

限って、実際に英語を話す「体験の場」を

積極的に設けていない傾向があります。

 

 

もしあなたが本当の英語力をしっかりと身につけたい

と考えられているのであれば、教科書や参考書、

問題集だけでなく、実際に英語を話すという場、

「体験」の回数を増やすようにしてみて下さい。

それだけでかなりの違いを実感出来るはずです!^^

 

 

追伸:

明日から「洋画・海外ドラマで楽しく聴解ワーク!」

の追加募集キャンペーンを行います^^

たくさんの方からリクエストを頂いていますので、

楽しみにしていて下さい~。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年7月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ