どうすればカッコいい英語を話せるようになるのか?

英語を勉強し始めて間もない頃は、

英語を「カッコよく話す」なんてことは

二の次の話で、とにかく自分が言いたいことを

口から出したり、相手の英語を聴き取ったり

することで精一杯ですね。

 

 

しかし、ある程度英語を話したり、

聴き取ったり出来るようになってくると、

果たして自分の英語は「カッコいいのか?」

なんてことが気になるようになります。

 

 

特に同じ日本人で、ネイティブのような

発音で英語を話せる人や、日本人があまり

知らない口語の表現やスラングなどを

カッコよく話せる人を見たりすると、

途端に自信をなくしてしまうものです。

 

 

で、どうすればカッコいい英語を話せるように

なるのか?ということですが、まず

「カッコいい英語」の定義から知る必要が

あります。

 

 

「カッコいい英語」というのは、簡単に言えば、

教科書などに載っているガチガチの真面目な

英語表現ではなく、ちょっとブロークンだったり、

いい意味で「いい加減な」感じの英語ですね。

多少悪い(汚い)表現なんかも「カッコよさ」

の要素と言えます。

 

 

まぁ、つまり、いわゆる口語とか、スラングとか

言われる類の英語が「カッコいい英語」という

わけですね。

 

 

しかし、実際のところ、そのようなカッコいい

英語表現というのは本来はもっとも自然で、

私たちが真っ先に身につけるべきものなのですが、

日本人はどうしても「真面目な教科書英語」を

優先して覚えようとしてしまいます。

 

 

まぁ、これはどんな言葉であっても、学習者は

まず教科書や参考書を使って勉強するわけ

ですから、仕方がないと言えば仕方ないのですが。

 

 

もしあなたがどうしても「カッコいい英語」を

身につけたいと思われているのであれば、

教科書のお手本のような英語表現よりも、

実際にネイティブ・スピーカーが使っている

慣用的な表現を優先的に身につけるようにすると

良いです。

 

 

多少文法がおかしくても、実際のネイティブたちが

毎日の生活で使っている英語が、やはり「産地直送」の、

本物の英語表現だからですね。まずはそれを優先

すること。

 

 

そして、そのような慣用的な生の英語表現というのは、

一般的な英語の教科書や教材などでは手に入れる

ことが出来ません。一番お勧めの入手先は「洋画や

海外ドラマ」です。また、YouTube にネイティブたちが

投稿している日常生活を撮影したような動画も最高

ですね^^

 

 

そのような本場の、生の英語表現にどんどん触れて、

そこから自分の英語の表現に応用出来るセリフ

(ライン、パーツ、フォーム)をジャンジャン抽出

してみて下さい。こんな感じの英語習得アプローチが

あなたを「カッコ良いバイリンガル」に変身させて

くれるでしょう^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ