つまらない英語の勉強をしていませんか?

最近「正しい」英語勉強法に関する質問メールをよく頂きます。
やはり皆さん気になるところは同じですよね。今日はちょこっとその辺の
お話についてしたいと思います。

さて、このメルマガを読まれている方であれば、これまで長いこと、
そして現在も英語の勉強を続けているという方が多いと思います。

一般に「英語の勉強」と言えば、単語帳を片手に英単語や熟語を丸暗記して
英文法書を一から読み、英文を日本語に訳してみたり、逆に短文の日本語を
英語にしてみたり、英会話教材のCDなんかを通勤・通学の途中に聞いてみた
り、毎日英字新聞を読んでみたり、まあそんな感じのことをやりますよね。

つまり、中学・高校・大学なんかで教えられる「英語の勉強」をそのまま
実践される方がほとんどなわけですが。

確かに、語学の習得に近道はありませんから、そのような地道な努力で
実際に英語を話せるようになる人も「中には」います。

しかし、現実にはほとんどの日本人がそのような英語の勉強の仕方では
英語を話せるようになっていないのです。

ほとんどの日本人が、途中で挫折してしまっています。

その理由は実は簡単で、単にそのような一見正統派の「英語学習法」が
つまらないから、なんですね。

毎日つまらない英単語・熟語を半ば強制的に暗記している。
毎日退屈な英文法書を読み、退屈な問題を解いている。
毎日興味のない英文を読んで無理やり日本語に訳している。
毎日どうでもいい日本語を機械的に英語に訳している。
毎日関心のない英会話CDを集中もせず聞き流している。

そんな勉強法が長続きするわけないと思いませんか?
(私なんか書いているだけでイヤ~な気持ちになってしまいました…^^;)

それでも日本人ってまじめな人が多くて、いつまでたっても英語を身に付け
られないのに(それを本人も薄々気がついているというのに)、我慢して
忍耐強く続けているんですよね。

私は根っから怠け者の不真面目人間ですので(^^;、少しでも「つまらない」
と感じたらもうダメ。絶対に続けられません。

では、どうすれば良いのか。

最良の方法は私の英語英会話マニュアルに書いてあるのですが(^^;、今日は
マニュアルを買えないという人のために一つ簡単なアドバイスを差し上げ
ます。

それは至極簡単なことなのですが、要するに英語の勉強を続けるにあたって
少しでも「つまらない」と感じる要素を排除することです。

それは逆に言えば、「面白い」「興味がある」「関心がある」ことから
英語を勉強するということ。

誰にでも趣味や楽しんでいることってありますよね。自分が興味を持てる
ことや関心のあることや分野のことです。

まず、そこに着目して英語の勉強につなげてみましょう。

例えば、英単語であれば自分が興味のあるものを中心に覚えていきます。
趣味でも良いですし、何か関心のある分野に絞ってそこから単語を覚えて
いく。

当然、英文も自分が興味や関心を持てる分野のものを読んでみます。読んで
いて「楽しい!」と思えたら最高です。

実際、今はインターネットで海外のサイトをいつでも見ることが出来ます
ので、自分が興味・関心を持てる海外のサイトを探してみて、片っ端から
読破していくのも手です。

ある程度、その分野の英語が読めるようになったら、サイトの管理人さんに
英語でメールを送ってみるのも良いかもしれませんね。

いずれにしても、英語の勉強で重要なのは「つまらない」を排除すること
です。少しでも「つまらない、退屈だ」と感じたら、挫折街道まっしぐら
ですから(^^;

それには、自分の興味・関心を持てる分野・テーマに絞って、そこから
英語の勉強を始めることで徐々に英語力を高め、ある程度の英語力がついて
から、英文法などのやや「つまらない」系(^^;の勉強を極めると良いです。

これなら簡単に今の英語の勉強法に応用できますし、今少しでも英語の勉強
に嫌気がさしている人には特にお勧めできます。

これだけは覚えておきましょう:

「英語の勉強、少しでもつまらないと感じたらもうオシマイ」

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ