英語は「根拠のない自信」があれば良いんです、なぜなら…

昨日お送りしたメルマガの内容は

とても反響が大きかったです。

いくつかの共感のメールと共に、1通の反論の

メールを頂きました^^

 

 

まぁ、この反論はいつものことで、

要するに「健全なセルフイメージを持っていて、

自信に満ちている人は英語を話せるようになり、

逆にセルフイメージが低く、常に自分に自信が

無い人はなかなか英語を話せるようにならない…」

ということに対し、

「自信が無いのは英語が話せないからで、

英語を話すことが出来れば自信もつきます!」

と言われるわけです。

 

 

いつもの「卵が先か、ヒヨコが先か…」のお話

ですね^^

 

確かに、言われることも一理あるかと思います。

英語をしっかりと話し、確実に聴き取れれば

それだけで自信が湧いてくるでしょう。そして、

自信がつけばセルフイメージも向上しますね。

それは当然です。

 

 

しかし問題は、そのために、先に十分な

英語力を身につけなければいけないのではないか?

そして、その時までガマンして「謙虚」にして

いなければならないのではないか?と思い込んで

しまうことです。

 

 

そんなことは決してありません。

まだ十分に英語が話せなくたって、聴き取れ

なくたって、ちょっとでも出来たならその時点で

「私は出来る!」と自信をもって良いんです。

 

 

ハッキリ言ってしまえば、自信なんていうのは

根拠がなくて良いのです。勝手に思い込んでいる

「自信」で良いんです^^ むしろ、根拠のある

自信ほど脆いものはありません。

 

 

なぜなら、その根拠がなくなった時、根拠にのみ

支えらていた自信はいとも簡単に崩れるからです。

特に家柄だの、学歴、名誉、名声、お金といった

ある種の幻想的な根拠の上に立つ自信はいざ崩れた

時に本当に弱いものです。

 

 

しかし、根拠のない自信は強いです。だって、

自分で勝手に思い込んでいるだけの自信ですから、

崩れようがないんですね。外国人と英語で話して、

少しでも通じたらもうそれで「私は英語が話せる!」

少しでも聴き取れたらそれで「私は聴き取れる!」

と言い切ってしまって良いわけです。

 

 

そして、そんな根拠のない自信が、本当の自信

を生み出します。はじめは嘘の自信かも知れませんが、

それがキッカケとなって本当の自信になるのです。

だから、先に言い切ってしまうのです。

 

 

根拠がないから、自信を持つことは出来ない…

という言葉はセルフイメージが低く、不健全な人の

常套句です。世の中の多くの成功者が、最初は

まったく根拠のない自信から歩み始めています。

 

ぜひ、そんな「根拠のない自信」を持つように

してみて下さい。「自分は出来る!」「自分は素敵!」

「自分はカッコいい!」…根拠がなくても、常に

そう思うようにして下さい。必ず良い方向へ

道が開かれます。

 

追伸:

この機会にメール講座、一緒にやってみませんか?^^

■「洋画・海外ドラマで楽しく聴解ワーク講座」

【あと数時間ですべて受付終了!】
↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-englishac/

■「7ステップ式リスニング・トレーニング講座」

【あと数時間ですべて受付終了!】
↓↓↓
http://www.loftypub.com/seven-step-listeningac/

■「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」

【あと数時間ですべて受付終了!】
↓↓↓
http://www.loftypub.com/eslac/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ