英語をうまく話せない?それはあなたのコレが原因かも…

外国人を目の前にすると、どうしても

うまく英語を話すことが出来ない…

なぜか、自信をもって聴き取ることが出来ない…

そんな悩みを持たれている方は本当に多いです。

 

 

あんなに英語の勉強を人一倍やっているのに…

あんなに何度もリスニングの練習をしているのに…

どうしてもうまく話せない!聴き取れない!

という人が意外と多いのです。

 

 

しかし、もしあなたがそんな悩みを持たれている

のであれば、それはもしかするとあなたの「コレ」

が原因かも知れません。

 

 

「コレ」とは何でしょう?

それは、あなたがあなた自身に抱いている

イメージのことです。「自己認識」とも言います。

 

 

例えば、英語を話せる日本人の自己認識のレベルは

総じて「高い」です。つまり、自分は出来る、

自分はカッコいい、自分は何てステキなんだろう…!

と、自分という存在に対してとても肯定的な意識、

認識を持っているのです。

 

 

まぁ、これはある意味「ナルシスト」的では

ありますが(笑)、でもこれって非常に重要な

自己認識なんですよ。かく言う私も相当な「ナル」

です^^(実力が伴っているかどうかはともかく…)

 

 

一方で、なかなか自信もって英語を話したり、

聴き取れない…という人は、総じて自己認識の

レベルが「低い」傾向があります。

「自分なんてダメだ」「自分の英語なんて最低、

最悪だ」「自分なんてカッコ悪い…」

 

 

…そんな風に、自分のことを卑下し、自虐的に

なりがちな人は、否定的な自己認識のイメージで

がんじがらめになっていきます。だから、外国人を

前にすると緊張し、恥ずかしくなり、平常心を

保てなくなる傾向があるのです。

 

 

特に日本人は、自慢したり、自分のことを必要

以上に人に売り込んだりすることを嫌います。

どちらかといえば、控え目で、慎ましく、

「自分なんかとてもとても…」と謙遜することが

美徳とされているわけです。

 

 

しかしハッキリ言えば、これこそが英語が苦手な

日本人のメンタリティ上の最大の問題というわけです。

自虐的な考え方、日本はダメで外国は素晴らしい!と

いった歪んだ価値観に縛られていると、いつまでも

自信をもって英語を扱うことが出来るようになりません。

 

 

ぜひ、これを読んでいるあなたには、

自分は最高にステキだ!自分はなんてカッコいいんだ!

といったポジティブで明るい、健全な自己認識

(セルフイメージ)を持って頂きたいと思います^^

それだけで堂々と英語を扱えるようになりますよ。

 

 

追伸:

各講座とも、今回の「梅雨のキャンペーン」で

しばらく募集は終了とさせて頂く予定です。

少しでもご関心のある方、一緒にやってみたい!

と思われているプロアクティブな方はぜひ

今すぐお申込み下さい。あなたからの参加表明を

心よりお待ちしています~!^^

 

 

■「洋画・海外ドラマで楽しく聴解ワーク講座」

【残り4名のみで終了】
↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-englishac/

■「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」

【残り5名のみで終了】
↓↓↓
http://www.loftypub.com/eslac/

■「7ステップ式リスニング・トレーニング講座」

【残り5名のみで終了】
↓↓↓
http://www.loftypub.com/seven-step-listeningac/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ