やっぱり英語は楽しみながら身につけちゃうのが一番です

 

最近よく思うことが、やはり英語は

いかにも「勉強しなきゃ!」という感じで

肩肘張ってやるのではなく、もっとラクに、

楽しく、笑いながら身につけるのが一番だな…

ということです^^

 

 

実際、そのようなスタンスで英語と接して

いる人の方が、しっかりと英語をマスター

しているんですよね(逆に、「勉強!」と

意識し過ぎている人の方が挫折したり、

辛くなってやめてしまうケースが多いです)。

 

 

そういう意味では、私が講師をつとめている

メール講座はいずれも「勉強!」というよりは

かなりユルーイ感じで、笑いながら実践出来る

内容が中心となっていますので、長く続けられる

方がとても多いのです^^

 

 

先日も、「洋画・海外ドラマで楽しく聴解ワーク」

講座を受講されている埼玉県のFさんという方から

とても嬉しいメールを頂きました。Fさんは、

今年の2月からメール講座を開始されましたが、

リスニング力が突然向上し、英会話の際もパッと

言葉が出てくるようになったそうです。

 

 

特に、このメール講座は「趣味の映画鑑賞の一環」

といったコンセプトでお送りしているので、

勉強らしい勉強は一切実践しません^^;

しかし、それでも確実に聴解力が身に付いたという

ことで、私も自分のことのように嬉しく感じています。

 

 

以下、Fさんから頂いたメールをそのまま転載させて

頂きますので、もしリスニング力を身につけたい、

スピーキング力をアップさせたい!と思われている

方は、ちょっと読んでみて下さい:

 

 

(以下、Fさんからのメールを転載します)

 

「いやーー・・

渡邉さん、このワーク本当にいいです!

継続してやっていた期間、ある時からすごく

聞き取りが出来るようになり、また英語が

頭の中で素早く回転してくれるような・・

なんというか会話の中でぱぱっと言葉が出て

くるようになって驚いたのです。

 

あれ?なんで?。。(びっくり!)って

感じで。オンライン英会話のレッスンを

毎日1時間受けているのですが、その中での

先生のやりとりがすごくスムーズになって、

先生の英語のスピードが遅く感じられる

ようになったんです。

 

別段「勉強した言い回しを暗記して覚えた

から使えた」というわけでもなく、全体的に

聞き取りも話すのも、早く出来るようになった・・

という感じなんです。

 

それはたぶんこのワークを毎日やっていたからだと、

その時思いました。忙しくなってやれない日が

続いた最近、また元に戻った感じがするからです

やっぱり、このワークのおかげだったんだと、

あらためて再認識しました。

また今日からがんばります!」

 

 

いかがでしょうか?

Fさんも、肩肘張って「勉強!」という感じではなく、

楽しみながら、英語本来の面白さや感動とか、

そういう面を純粋に感じながら聴解ワークを実践

されていたんですね。

 

すると、やはりそのような英語との接し方を続けて

いると、自然に英語力(リスニング力やスピーキング力)

が身についてくるというわけです。ハッキリ言えば、

これが理想的な英語との付き合い方、身につけ方

ですよね!^^

 

追伸:

そんな、理想的な英語との付き合い方、身につけ方

をベースにした3つのメール講座ですが、現在

ロフティ出版の「梅雨の英語学習応援キャンペーン」

を実施中です!

 

期間内にメール講座に参加頂けますと、参加頂いた

講座数に応じて Amazon のギフト券最大1万円分

プレゼントさせて頂きます^^

 

ぜひ、このビッグ・チャンスに3つのメール講座に

ご参加下さい!心よりお勧め出来る講座ばかりです。

なお、先着10名様のみとなりますので、お申込みは

今すぐにした方が良いですよ!

 

■「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」

Amazonギフト券1万円分プレゼント特設サイト:
↓↓↓
http://www.loftypub.com/eslac/

 

■「洋画・海外ドラマで楽しく聴解ワーク講座」

Amazonギフト券1万円分プレゼント特設サイト:
↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-englishac/

 

■「7ステップ式リスニング・トレーニング講座」

Amazonギフト券1万円分プレゼント特設サイト:
↓↓↓
http://www.loftypub.com/seven-step-listeningac/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ