あなたが英語を聴き取れない最大の理由を教えます

 

なぜ英語を聴き取れるようにならないのか…

あなたはその最大の理由を知っていますか?

 

 

ボキャブラリーが少ないから?

リスニングの練習量が足りないから?

日本語と英語では周波数が違うから?

 

 

いえいえ、あなたが英語をなかなか

聴き取れるようにならない最大の理由は

そんなことではありません。

 

 

今日は時間がないので先にその答えを

教えましょう^^ …あなたが、なかなか英語を

聴き取れるようにならない本当の理由は、、、

「ネイティブが使っている生の英語表現を

知らないから」です。

 

 

あなたはおそらく、これまでにリスニング教材や、

英語学習者向けに「作られた英語音声」なら

耳にしたことがあるでしょう。

 

 

しかし、英語圏に住むネイティブ・スピーカー

たちが、実際に毎日の日常生活で使っている

本場の、産地直送の^^「本物の英語表現」を

どれだけ聞いたことがあるでしょうか?

 

 

確かに、日本人であってもリスニング教材の

英語なら何とか聴き取れる…という人は結構

たくさんいます。しかし、そんなリスニングが

得意な人であっても、実際にネイティブを

目の前にすると途端に聴き取れなくなって

しまったりするものです。

 

 

その最大の理由は…

ネイティブ・スピーカーたちが使う英語表現が

私たちが日本で学んでいる英語表現とは

あまりにもかけ離れているものであるから…

ということなんです。

 

 

実際、そんな理由を知っている日本人は

少ないので、リスニング教材やNHKの講座などを

真面目に実践しているわけですね。もちろん、

そのような努力がまったくムダと言っている

わけではありません。

 

 

しかし、もしあなたが、いくらリスニングの

練習をしても実際に外国人を目の前にすると

サッパリ聴き取れない…何故だ?おかしいな?

と疑問に感じられているのであれば、原因は

そういうことなのです。

 

 

では、どうすればそんなネイティブの英語を

聴き取れるようになるのでしょうか?

答えは実にシンプルで簡単です^^

 

 

リスニング教材やNHK講座のような「作られた

英語の表現」ではなく、英語圏のネイティブ

たちが実際に使っている生の、本物の英語表現

を使ってリスニング・トレーニングを行えば

良いだけです。

 

 

例えば、英語圏の人々が YouTube 等にアップ

しているネイティブ・スピーカーの日常的な

会話シーンや、ネイティブ・スピーカー向けの

英語音声を視聴出来る動画を使ったリスニング・

トレーニングを行うと良いのです。

 

 

重要なことは「生の英語表現」を知り、

身につけ、覚えるということ。生の英語表現は

あなたが知っているような教科書の英語とは

まったく異なるものです。

 

 

つまり、ネイティブの英語を聴き取れるように

なるためには、そんな「生の英語」「本物の

英語」を耳に入れて聴き取りの練習をしないと

ダメですよ、ということなのです^^

 

追伸:

「でも、そんな動画をどうやって探せば

いいの?」「スクリプトもないし…」という

あなたに朗報です!

 

英語圏のネイティブ・スピーカーが

日常生活で使っている本場の英語表現満載の

動画を毎回正確なスクリプトと詳細な解説付き

でお送りするリスニング・トレーニング

「おまかせオールインワン・パッケージ」の

メール講座がコレ! 受講生の中には1ヶ月で

聴解力の劇的な向上を実感されている方も

いらっしゃいます^^

 

今回は6月6日まで、3日間限定で15名のみ

受講生を募集させて頂きますので、

興味のある方はぜひ以下の特設サイトを

チェックしておいて下さい。たぶん、

すぐに一杯になってしまいますので、

早期終了となりましたらゴメンナサイm(_ _)m

↓↓↓
http://www.loftypub.com/seven-step-listening/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月4日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ