リスニングの練習時にヘッドホンやイコライザを使ってますか?

 

私は大の音楽好きなので、普段仕事をしている時は

必ず音楽をかけています。しかも大音量で!^^

 

 

夜はさすがに近所迷惑なのでヘッドホンに

しますが、音楽は基本的に大音量でなければ

「良さ」が分からないと思っていますので、

「音量・音質」には相当なこだわりがあります。

 

 

この「音量」なのですが、本当に不思議なもので

例えば英語なんかも「音量」を変えるだけで

聴き取れなかったものが、とてもクリアに

聴き取れるようになったりします。

 

 

特にヘッドホンを使うとテキメンに聴き取り

易くなりますね。うちのリスニング系の講座

ではトレーニング実践の際になるべくヘッドホン

を使うことをお勧めしています。

 

 

さらに言えば、ちょっと高価なヘッドホンの

使用をお勧めします。オーディオ・プレイヤー

に付属の安物はあまり使わない方がいいです。

1万円くらい出すとまともなオーディオ向けの

ヘッドホンが手に入りますので、参考にして

みて下さい。

 

 

それから、これも聴き取りの際のコツですが、

イコライザーという音質を調整するツールが

あります。これで低音域をカットして高音域を

ブーストするだけで英語がかなり聴き取りやすく

なります。

 

 

イコライザーは一般的なオーディオ再生ソフト

であれば内蔵されていますし、コンポのような

音響機器をお使いの場合は音質調節で低音を

カットして高音を強調するだけでも同様の効果を

得ることが出来ます。

 

 

まぁ、よりハードなリスニングのトレーニングを

行っている強者の中には、わざと低音を強調し

高音をカットして「コモッた音」にして(わざと

聴き取りにくくして)修行する人もいますが^^;

 

 

英語の音声を聴き取る際には、以上のような

音響学的な工夫が効果的であることを知っておいて

下さい(ただし、大音量にしたり、イコライザー

等で極端に周波数を強調したりすると耳を傷める

ことがありますのでお気をつけ下さいね)。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年6月2日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ