結果を出せる人、出せない人の決定的な違いとは?

英語だけでなく、どんなことであっても

結果を出せる人と出せない人の間には

決定的な違いがあります。今日は、その違い

についてお話したいと思います。

 

 

まず、結果を出せる人というのは

とにかく「能動的」です。常に自らの意志で

行動が出来るのです。行動の主体が自分にある…

ということですね。

 

 

しかし、なかなか結果を出せない人は

いつも「受動的」で、行動も「後手・後手」

になりがちです。自分からは何もしようとせず、

そのうちきっと誰かがやってくれるだろうと

常に「待って」しまうのです。

 

 

故に、相手主体で物事を考えがちなので、

何でもかんでも相手の(他人の)せいにする

傾向があります。自分が出来ないのは〇〇の

せいだ、私が悪いんじゃない…と考えてしまう

わけです。

 

 

一方で、結果を出せる人、成功する人というのは

決して人のせいにはしません。すべて自分の

責任の元、行動することが出来ます。というか、

自分主体なので「他人」がその行動のプロセスに

入る余地がないのです。

 

 

だから、失敗しようが成功しようが、常に

自分で責任を負います。したがって、なるべく

失敗しないように頑張れるわけですね。

これが「自分で責任を負う」ことのメリットです。

 

 

しかし、結果を出せないタイプの人は、

失敗したらそれは自分のせいではなく他人の

せいだと考えますから、失敗しても痛くない

わけです。故に努力することが出来なくなります。

 

 

私は、結果を出したり成功したり出来る人と、

いつまで経っても結果を出せない人の違いは

「自分で責任を取る覚悟があるかないか」の

違いなのではないかと考えています。

 

 

つまり自分主体で行動を起こし、それによって

起こるすべての結果の責任を自分で負うことを

決意出来るかどうかによって、結果を出せる人、

結果を出せない人が決まるのではないかと

思うのです。

 

 

常に相手のせい、他人のせい、社会のせいに

すれば当人は責められないから楽かも知れません。

しかし、そのような考え方・姿勢では絶対に

真剣勝負が出来ないでしょう。本気になれない

のです。

 

 

もしあなたが本気で英語を身につけたいので

あれば、すべての責任を自分で負うことを覚悟し、

思い切って行動に移してみると良いです。すると、

今までになく「自分で頑張らなければ!」という

気持ちが強くなるものです。

 

 

そして、そのような考え方が出来るようになれば、

必ず成功を掴むことが出来るでしょう。

誰もあなたのお尻をひっぱたいてはくれません。

常に、自ら一歩、一歩を踏み出し前進するしか

ないのです。頑張りましょう!^^

 

追伸:

さぁ、あなたも是非一歩を踏み出して下さい!

…って、この講座はそんな大袈裟な講座では

ないですけどね^^;

 

この講座は、毎回「洋画」や「海外ドラマ」

といったエンターテイメント系の英語動画を

用いて楽しく笑いながら実践するタイプの

「ゆる~くて面白い」講座です。

 

趣味の「映画鑑賞」の一環で参加してみて下さい。

残り3名のみ!残り数時間で終了です!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-englishmc/

 

 

追々伸:

暑いですが、どうか熱中症に気を付けて

楽しい週末をお過ごし下さい~^^

また来週!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ