あなたが英語を聴き取れない原因を教えてあげます

英語が聴き取れないことで悩まれている方は

本当に多いです。しかし、同じ日本人であっても

普通に聴き取れる人もたくさんいるので

不思議と言えば不思議ですね。

 

 

そんな英語を「聴き取れる人」と、なかなか

「聴き取れない人」の違いは一体何なのでしょうか。

聴き取れる人は生まれつき才能があった?

一部の天才だけが英語を聴き取れる?

 

 

そんなことはありません。実際、私も英語の

聴き取りで非常に苦労したものです。

相手が何を喋っているのか本当にわからないので

いつも理解出来たフリをしてヘラヘラ笑ったり、

なるべく質問されないようにビクビクしていたり…^^;

 

 

しかし、そんな私でも英語を聴き取れるように

なりました。特に才能は関係していないと思います。

むしろ、英語を聴き取れるようになるためのコツ

というのは至極シンプルで、ひとたび身につける

ことが出来ればその後は聴き取れなかった頃の

苦労が嘘のように感じられるものです。

 

 

まず、英語を聴き取ることが出来ない人の

一番の大きな原因は、英語を額面通りに捉え過ぎる…

ということです。つまり、話し言葉の英語を

書き言葉のように捉えようとしていることが

諸悪の根源というわけです。

 

 

英会話や口語の英語というのは、書き言葉のように

キッチリ・カッチリしていません。もっとラフで

いい加減なものなのです。それを杓子定規に

捉えようとするから無理が生じるのです。

 

 

次に、絶対的なボキャブラリーや一般常識(教養)

が不足していることが考えられます。一般常識が

欠けている…なんて言ったら失礼ですが^^;

そうではなく「一般に、相手はこういうことを

言っているんだろうな」という推測をする上での

基礎的・常識的な知識のことですね。

 

 

これが欠けていると推測するのが難しくなります。

そういう意味では、聴き取りが得意な人は、

英語を英語だけで理解しているわけではない…

ということです。もっと大きな「知識」や「経験」

を総動員して理解しているのです。

 

 

そして最後に、多くの日本人英語学習者に決定的に

不足しているもの。それが「負荷」です。

いつも言っていることですが「聞き流すだけで」

なんて、生ぬるい負荷で英語が聴き取れるように

なるわけがありません^^;

 

 

これはもう毎日、出来る限り多くの英語音声を

耳に入れて、負荷をかけまくる必要があるのです。

しかし、そうは言うものの、学生でも社会人でも

主婦でも、はたまた退職後の余生を謳歌されている

方でも、何だかんだ言って毎日忙しく過ごして

いるものですね。

 

 

そんな忙しい現代人が、どうすれば効率的に

適切な「負荷」をかけてリスニングの練習をする

ことが出来るか?そこに、リスニング力を向上

させる鍵が隠されているわけです。

 

 

ちょっと思わず長くなってしまいましたので^^;

この話の続きはまた明日の夕方のメルマガで

お送りしますねー。リスニング力を向上させたい

方は、明日のメルマガは必読っすよー。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年5月27日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ