徹底!英語英会話講座3

前号、前々号と「徹底!英語英会話講座」と題して、今英語を話す
ことが出来ない人、今まで必死に英語の勉強を続けてきてもまったく英語
を話せるようにならないという人が、一体どうすれば英語を話せるように
なるのか、その辺りを中心にお話を進めてきました。

特に前号でお話しした「英会話(または単に会話)の本質」というものを
理解することが何にも増して重要であるとお伝えしました。

今日はなぜ「話し言葉」と「書き言葉」の違いを理解することが大切なのか
その理由について更に詳しくお話ししたいと思います。

ある意味、英語(英会話)の習得においては、ここが最重要点なのですが、
なぜか多くの日本人はこのポイントを軽視しています。

勿論、日本人がなかなか英語を話せるようにならない原因というのは、
他にもたくさんあるのですが、特にこの点はあまり語られることがありま
せん。

簡単におさらいしておきますと、「話し言葉」というのは非常にラフで
曖昧で、文法的にもかなり「いい加減」なものです。一方、「書き言葉」
というのはとても厳密で、明確で、文法的にもしっかりしたものです。

なぜ、話し言葉はラフでいい加減なのかと言うと、まず話し言葉は後に
残る性質がありません。リアルタイムに口から発せられ、そのまま消えて
いきます。従って、いちいち文法的なことに制約される必要がないのです。

しかし、書き言葉というのは、通常は紙やパソコン上のワープロなどに
残ります。本質的に後から何度でも繰り返し読むことが可能なため、当然
文法上の間違いなどがあるとすぐに「おかしい」と分かってしまいます。
このため、書き言葉というのはとても厳密で、明確で、文法的にも正しい
ものである必要があるのです。
そこで、本題に話を戻しますが、実は日本人の多くが勉強しているのは、
「書き言葉」の英語なんです。

ここ、重要だから繰り返しますよ。

「日本人の多くが勉強しているのは、「書き言葉」の英語なんです」

そして、言うまでもありませんが、英会話というのは「話し言葉」の英語
ですね。

さあ、矛盾に気づかれたでしょうか。

もうお分かりですね。そうです、英語を話すために必要なのは「話し言葉」
の英語なのに、日本人の多くは何年も何十年もかけて必死に「書き言葉」の
英語を勉強し続けているわけです。

「書き言葉」の英語ばかり勉強しているから、実践の英会話で「話し言葉」
の英語に出くわすと「うわ~何言ってんだかサッパリわからん!」と
パニック状態になってしまうんですね。

何と言っても「話し言葉」というのは、かなりいい加減で文法的にも矛盾
だらけ、もうほとんど無法地帯のメチャクチャなシロモノです(^^;

それを「書き言葉」の尺度で理解しようとするから通じないわけですね。

そんな日本人は本当に多いです。というか、ほとんどの日本人の英語学習者
は、このポイントを理解していません。

では、一体どうすれば良いのでしょうか?

今回はクリスマスということで、かなり重要なヒントをお話ししました。

本当はもっと詳しく書きたいのですが、メルマガですと字数も限られて
いますので、なかなか全てを書くことが出来ません。
もし宜しければ私の「英会話マニュアル教本」を読んでみて下さい(^^)

英会話の本質、書き言葉、話し言葉の英語の違いの詳細の他、すべての答え
方法、手段が具体的に書いてあります。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ