自分は英語を話せる人間だと先に決めつけて下さい

これ、もう本当に重要な話なので

絶対に理解しておいて頂きたいのですが…。

 

もしあなたが英語を話せるようになりたい、

聴き取れるようになりたい、と思われている

のであれば、現在のあなたの英語力に関わらず

「私は英語を話せる(聴き取れる)人間です!」

と、先に決めつけるようにして下さい。

 

「え~、アタシまだ英語なんて話せないし…」

「え~、オレまだ英語なんて聴き取れないよ…」

いいんです、いいんです。

細かいことは気にしないで下さい^^

 

そんなことは、もう本当に構わずに

少しでも英語を話せたり、聴き取れたりするので

あれば「私は英語が話せます(聴き取れます)!」

と先に宣言した方がいいんです。

 

 

面白い話があります。

ある女の人が、どうしても占い師になりたかった

のです。そこで、色々と勉強したり研究したり

して、ひと通りの知識を身につけたそうです。

 

しかし、どうすれば占い師になれるのか分からない。

そこで、その女の人はある有名な占い師に相談

しました。「どうしたら、占い師になれますか?」

すると、有名な占い師は「明日から、自分は

占い師だって周りに言いふらせばいいんだよ」と

言ったそうです。

 

そこで、その女の人は翌日から「自分は占い師

ですよ!」と公言するようにしました。会う人、

会う人に「自分は占い師だ」と言ったのです。

 

まだ占い師でもない自分のことを「占い師だ」と

公言するのは何となく気恥ずかしかったけれど、

その女の人は先輩占い師の言う通りにしたのです。

 

するとどうでしょう、1年も経たないうちに、

彼女はたくさんのお客さんを持つプロの占い師に

なってしまったそうです。

 

ここから大きなことを学べます。

これが、最初に私が言った「自分は英語を話せる

(聴き取れる)!」と先に決めつけることの

効果なのです。もっと言えば「先に言ったモン勝ち」

ということです。

 

「いやいや、私なんかまだまだ…」

「無理無理、私なんかほんのヒヨっ子で…」

確かに、謙遜してそう言う気持ちもわかります。

しかし、それではいつまで経っても「まだまだ」

「ヒヨっ子」の状態から抜け出せません。

 

少しでも英語が話せたり、聴き取れたりする

のであれば、今すぐに「私は話せます!聴き取れ

ます!」と言い切ってしまいましょう。先に

決めつけてしまうのです^^

 

すると…実際に英語を話せたり、聴き取れたり

するようになるんだな~、これが。

本当なんですよ。不思議な話ですが、本当なのです。

ぜひ、覚えておいて下さいね^^

 

 

追伸:

アメリカのESL(英語学校)で留学生が

毎日勉強している内容をそっくりそのまま

あなたも実践してみませんか?

半額キャンペーンは残り3名のみ、

遅くとも今夜23:59 で全て募集を締め切らせて

頂きます!(次回募集はいつになるかわかりません)

ぜひ、この機会をお見逃しなく~^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eslmc/

esl10_2

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ