なぜ留学生は短期間で英語を話せるようになるのか?

 

はじめに断っておきますが、

英語圏に留学した人全員が英語を話せるように

なる…というわけではありません。世間では

「留学さえすればペラペラになる…」といった

幻想がありますが、それは間違っています。

 

 

しかし、やはり何だかんだ言って、一部の

留学生は短期間で英語を話せるようになって

しまいます。今日は、彼らが何故短期間で

英語を話せるようになるのか、その違いに

ついて詳しくお話ししたいと思います。

 

 

まず、重ねて言いますが、英語圏に留学した

からと言って、全員が英語を話せるようになる…

というわけではありません。これはもう本当に、

英語を話せるようになる人の方が少ない程です。

 

 

ほとんどの留学生は、英語圏に行っても

現地にいる日本人とつるんで生活するように

なります。英語が話せず、意志が弱ければ

尚更です。故に、日本にいる時よりも日本人

らしい生活を送っていたりします(笑)

 

 

しかし、英語を話せるようになる留学生は

やはりどこかが違います。一番の違いは、

付き合う対象が日本人ではなく現地の人々、

もしくは日本以外の国からの留学生である…

という点でしょう。必然的に毎日英語を使って

コミュニケーションをするようになります。

 

 

まぁ、そんなのは留学しているのですから当然

と思われるかも知れませんが、大多数の留学生は

ただ場所が変わっただけで日本人同士でつるみ、

日本食を食べ、日本語を話し、日本語のテレビを

観ています。日本人同士の男女が同棲するなんて

珍しい話ではないのです。

 

 

一方、短期間で英語力を身につける留学生は

「孤高の狼」的です。現地の日本人の誘惑に

目もくれず、毎日ものすごい量の勉強をします。

何故なら ESL のような英語学校、または大学の

学部などで授業についていくためには、

それぐらいの勉強をしないと難しいからです。

 

 

結果的に、脳に大きな負荷がかかります。

この負荷が日本語に慣れ切った脳を「英語対応型」

の脳に強制的に変換させるというわけです。

このような負荷というのは、日本語で書かれた

英語の教科書などを読んで勉強している程度では

全然足りないのです。

 

 

さらに、短期間で英語を話せるようになる日本人

の決定的な違いは「絶対に英語を話せるようになる!」

という確固たる目標・意志があるということですね。

それと同時に積極的かつ能動的なのです。つまり、

誰かにお尻を叩かれて動くのではなく、自ら進んで

英語の勉強が出来るということですね^^

 

 

「学校へ行けば先生が教えてくれる」

「お金を払えば誰かがやってくれる」

「留学さえすれば英語を話せるようになる」

「聞き流すだけで勝手に英語が聴き取れるように

なる…」といった、積極性・能動性とはほど遠い

「受け身型」の人は留学しても絶対に英語なんか

話せるようにはなりません^^;

 

 

しかし考えようによっては、日本にいながらに

しても、上記のような積極性・能動性を身につけ、

自らの意志で「絶対に英語を話せるようになる!」

と決心出来る人であれば、下手に留学している人

よりも確実に英語力を身につけられるはずです。

 

 

なぜなら、今はインターネットがありますから、

留学生と同じような勉強内容は日本にいても

十分に再現が可能なのです。あなたもぜひ

この機会にバーチャル留学体験をしてみませんか?

 

追伸:

日本にいながらにして留学生が海外のESL

(英語学校)で勉強するのと同じ内容を実践

出来る画期的なプログラムです。12ヶ月間

全156回のメール講座が半額で受講できる

チャンスは明日まで、残り7名のみ!

残り人数が無くなる前に今すぐお申込み下さい^^

↓↓↓

http://www.loftypub.com/eslmc/
esl10_2

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ