餅は餅屋、英語は英語屋(ESL)で学ぶのが一番です!

 

昔から「餅は餅屋」という諺があるように、

何でも、それぞれの専門家に任せるのが一番と

言われています。

 

 

確かにカレーも専門店で食べた方が美味しいですし^^

何か分からないことがあれば専門家に尋ねるのが

一番手っ取り早いですね。

 

 

しかし、どういうわけか英語に関しては

英語の専門家、すなわちネイティブ・スピーカー

に教わるのを避ける日本人が多いようです。

 

 

まぁ確かに英語が話せないから勉強しているのに、

ペラペラと英語をまくしたてるネイティブ・

スピーカーに色々と質問したりするのは少し

怖いというか、気が引けるというのも

わかる気がします^^

 

 

とは言うものの、やはり英語はネイティブ・

スピーカーに教わるのが一番です。そのために、

高いお金を払ってネイティブがいる英会話スクール

に通ったり、はるばる英語圏まで足を伸ばして

留学したりするわけです。

 

 

もちろん、今の世の中はウェブがありますから、

そんな大枚を叩かずとも無料でネイティブによる

英語の勉強を行うことは可能です。それが、

オンライン上で自由に活用することが出来る

「ESLサイト」というもの。

 

 

ESLというのは、英語を話せない留学生のために

短期間で英語でのコミュニケーションが可能なように

特別なカリキュラムによる英語の指導を行う

英語学校のことです。

 

 

現在、イギリスやアメリカ、カナダ、オーストラリア

など世界各国(もちろん英語圏ですが)に ESL があり、

そのインストラクターたちがウェブ上でも ESL の

勉強が可能なようにたくさんの ESL サイトを運営して

います。

 

 

例えば…

http://audioenglish.wordpress.com/

とか

http://www.agendaweb.org/

とか

http://www.englishexercises.org/

とか

http://iteslj.org/

とか

http://www.elcivics.com/esl/lessons.html

 

 

まぁ、とにかくこんなのは世界中に無数に存在して

いるわけです(上はほんの一部です)。他にも

もっとたくさんのESLサイトがあるのですが、

こんなのがすべて無料なのですから、これを

活用しない手はないですよね。

 

 

ただ、これらのサイトはちょっとした難点があって、

ほとんどのサイトで詳しい解説が載っていないのです。

また、このようなサイトを探し出すのが少し難しい

(というかテクニックが必要)というのもあります。

 

 

しかし、ご安心下さい^^

私が講師をつとめさせて頂いている

「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」では、

このようなESLサイトの中から選りすぐりの課題、

エクササイズをあなたのために渡邉が選び、

さらに非常にわかりやすく面白い^^ 解説をつけて

お送りしています。

 

 

この講座を受けることで、あなたは星の数ほどある

ESLサイトから大変な思いをして課題やエクササイズを

探し出すことなく、常に詳しい解説付きのメール講座を

毎回楽しみながら実践して頂くことが可能になります。

つまり、日本にいながらにして、留学生が実践している

海外のESLプログラムを自宅で受けることが出来る

というわけですね^^

 

 

現在、「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」では

先着30名様限定の【半額】キャンペーンを実施して

おります。締切は明々後日5/15(木)となりますので、

ぜひこの機会を見逃さず、積極的にご参加下さい~^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eslmc/

 

 

追伸:

ちなみに今日のESL講座では、非常に短くシンプル

ながら様々な意味や用法があって分かり辛い as

という語について詳しく勉強し、さらに10問の

エクササイズを実践しました^^

 

こういうのも、ESLプログラムならではの

「ネイティブによるエクササイズ」だと

本当に理解しやすいのです(日本語で書かれた

英文法の参考書などとは全然違いますよ^^)。

 

本場の英語を学びたい方限定のメール講座です!

ぜひ、今すぐにお申込み下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eslmc/

esl3

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ