スキルや才能は「心に開いた穴」から生まれるのです

世の中には数々の「天才」や「成功者」がいます。

天才とはその名の通り、生まれながらにして

秀でた才能を有している者のことを指すと

思われるかも知れません。成功者はいつでも

成功ばかりしている者と思われるかも知れません。

 

 

しかし実は、そんな人たちの多くが、

自らの不幸な境遇や体験によって生じた

「心の穴」を埋めようとしてスキルや才能を

身につけ、成功したという事実については、

あまり語られることがありません。

 

 

虐待やいじめを受けて育った子が、

自分を追い詰めた人間を見返そうと努力して

一流のアスリートになった例。

貧しい家に育った故に、絶対にお金持ちに

なりたいと努力して巨財を成した例。

 

 

結局のところ、人間というのは

多くの場合「劣等感」「不足感」「寂しさ」

といった負の感情を解決・充足させる時に

とてつもない潜在能力を発揮させることが

出来るものなのです。

 

 

一般的には、能力のある人や成功者というのは

生まれながらにスキルや才能に恵まれている人…

と考えられているわけですが、実はそういう

ことではなく、多くの場合「心に開いた穴」、

すなわち「自分に欠けている部分」を

埋めようとすることで結果を出しています。

 

 

そういう意味では、今「自分なんて…」と

自信をなくしている人ほどチャンスがあるという

ことではないでしょうか。

 

 

何をやってもダメ。失敗ばかりで、何一つ

成し遂げられない、、、と自分を卑下する前に、

もしあなたが何らかのコンプレックス、劣等感、

あるいは不満感を心に抱かれているのであれば、

それをバネに頑張ってみて下さい。

 

 

心に開いた穴は大きければ大きい程良いのです。

なぜなら、それを埋め合わせようとする力が

それだけ強くなるからです。これまでに多くの

天才、成功者がそのようにして負のエネルギーを

ポジティブな方向へ転換して結果を出してきました。

 

 

「劣等感」「不満足感」「寂しさ」といった

心の穴は、実はスキルを身につけたり、成功したり

するために神さまが下さったトリガー(引き金)

というわけです。それを引くか、引かないかは、

あなた次第ですが…^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ