徹底!英語英会話講座1

さて、というわけで今月は「徹底!英語英会話講座」と題して、今英語
を話すことが出来ない人がどうすれば英語を話せるようになるか、または
一生懸命英語の勉強を続けているのになかなか英語を話せるようにならない
人がどうすれば英語を話せるようになるか、という大きなテーマについて
熱く語りたいと思います。

まず、一つの大きな事実があります。
それは、同じ日本人であっても人によっては簡単に英語を習得し、しかも
ネイティブに近い発音で流暢に英語を操ることが出来、一方で大多数の
日本人は何十年も英語を勉強してもまったく英語を口に出来ず、外国人の
前に立つとアタフタと震え慄き、何の意思疎通も図れないという事実です。
なぜ、人によっては(日本人であっても)英語を流暢に話し、他の大多数は
まったく英語を身につけることが出来ないのでしょうか?
それには色々な説がまことしやかに語られています。

一説には日本の学校教育が悪い、言語の根本的相違に原因がある、歴史的
背景に問題がある等々、さまざまな理由づけがあります。
しかし、実を言うとその本当の原因って、そんなに難しいものではない
んです。

実は、たった一つのことを理解しているか、していないか、それだけが
問題なんです。
意識している、していないに関わらず、今英語を流暢に話すことが出来る
日本人というのは「あること」をよく理解しています。
逆に、何十年と英語を勉強していてもなかなか英語を身につけることが
出来ないという人は、例外なく「あること」に気づいていません。
だから、いつまでたっても空回りしてるんです。

いくら努力しても、ちっとも結果にたどりつかない。

だって方向が間違っているんですから。努力する方向が。
では、その「あること」とは何か?
それは「英会話の本質」というものです。いえ、別に英語に限ったこでは
ないんです。言ってみれば「会話の本質」ですね。どの言語にも当てはまる
ことです。それをまず、最初にきちっと理解しておく必要があります。

そして、その本質がわかっている人は英語の勉強の方向性を間違いません。
すなわち、努力すればするほど結果につながるわけです。
ですから、これから真剣に腰を据えて英語の勉強を始めるという人も、
今まで何年(何十年!)も英語の勉強をしてきたという人も、これだけは
最初に完全に理解しておかなければなりません。
それが、「英会話の本質」というものです。

また次回、この「英会話の本質」について詳しく話しますね。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ