黒目・黒髪のアジア人の方が英会話がはずむワケ

 

以前、私の知り合いが、いわゆる欧米人相手

だと英語をうまく話すことが出来ないけれど、

黒髪・黒目のアジア人相手だとペラペラと

話せる…と言っていたことがありました。

 

 

これ、おそらく日本人なら「わかる!」

という人が結構いらっしゃるのでは

ないでしょうか^^

 

 

つまり、いかにも「外人さん」的なルックスの

欧米人が相手だと上手に英語を話せないけれど、

同じアジア系の人が相手ならスムーズに会話が

出来るという経験です。

 

 

実際、私もそういうことがありました。

金髪・青い目の欧米人相手に英語を話している

時よりも、中国人や韓国人、或いはフィリピン人

やタイ人と話している時の方が、自然な感じで

落ち着いて英語を話せるのです。

 

 

まぁ、これはもう原因がわかっていますね^^

要するに、日本人はいわゆる欧米人に対して

妙な憧れや劣等感があるから、です。

 

 

しかし、いつも話していることですが、自分が

憧れている相手、劣等感を抱いている相手に

対して人は緊張したり、平常心でいられなく

なったりするものです。

 

 

これはあなたが好きな人(異性でも芸能人でも)

の前に立ったら、アガッたり、緊張するのと

まったく同じこと。

 

 

不思議なことに、この現象は日本人だけでなく、

他のアジア人にも共通してみられる反応らしい

です。

 

 

もちろん、アジアの人全員が全員、欧米人に

対して憧憬や劣等感を抱いているという

わけではありませんが、そのような傾向がある…

ということです。

 

 

しかし、このような劣等感や憧憬というのは、

訓練や慣れることで解消できるものです。

どんなに好きな人、憧れている人であっても

毎日見ていれば飽きますからね(笑)

 

 

百年の恋も…ではありませんが、もしあなたが

欧米人に対して必要以上の憧憬や劣等感を

抱いていると感じるのであれば、まずは

慣れるようにすると良いです。欧米人を特別視

しないこと、それが肝心です^^

 

 

そうして欧米人に対する必要以上の憧憬や

劣等感を解消出来れば、あなたはアジア人相手に

英語を話している時のようにリラックスして、

堂々と会話を楽しむことが出来るようになります。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年4月22日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ