英語上達度のバロメーター「再会の頻度」って何?

英語の勉強を続けていてフラストレーションが

たまるのは、果たして自分の英語力がしっかりと

身についているのかどうか、よくわからない

(実感出来ない)ということではないでしょうか。

 

 

そのために TOEIC(R)テストとか、英検とか、

または英会話検定といった資格試験があるわけ

です。これらの試験で自分の客観的な英語力を

知るというわけですね。

 

 

しかし実際には、英語の勉強を続けていると、

自分で明らかに英語力が身についていると

実感出来る瞬間があるのも事実です。

 

 

それは例えば、英会話で言いたいことをズバリ

英語で言えた瞬間とか、早口のネイティブの

英語がスッキリと理解出来た瞬間とか、

そういう嬉しい瞬間ですね^^

 

 

そういう瞬間が続くと、何より自信がつきますし、

英語の勉強やトレーニングが楽しくなり、益々

英語力が向上していくものです。

 

 

他にも、このような英語力の上達を実感出来る

バロメーターの一つとして「再会の頻度」

というのがあります。一体「再会の頻度」とは

何のことでしょうか?

 

 

例えば、あなたが英文を読んでいて、わからない

語句や表現があれば一生懸命調べて覚えますね。

そうやってボキャブラリーを拡充していくわけです。

 

 

そして、ある日別の英文を読んでいると…

「あれ、この語句はこの前勉強したやつだ!」とか

「あ!この表現はこの前見つけたやつだ!」といった

感じで、同じ語句や表現に「再会」することが

あると思います。

 

 

こんな「再会」も、とても嬉しい瞬間ですが、

さらに毎日英語と触れ続けていると、そんな

「再会」が何度も、何度も起こるようになります。

これが「再会の頻度」というわけです。おそらく

あなたもそんな経験があるのではないでしょうか?

 

 

この「再会の頻度」が上がるにつれ、あなたの

知っている英語の語句や表現の数はどんどん増えて

いきます。再会すればするほど、英語力が急上昇

しているのです。

 

 

「あ、また出てきた」「あ、また会った」

そんな嬉しい瞬間が続き、その頻度が増せば、

自由自在に英語を話し、またクリアに、スッキリと

英語を聴き取れるようになる「その日」は近いです^^

 

 

追伸:

実は、先日「洋画・海外ドラマの聴解ワーク」

受講生からこんなコメントを頂きました:

「映画の英語って、同じような表現が多いんですね!

何回も出てくるラインやパーツを真似していたら

英会話スクールの先生に上達していると褒められました」

 

 

そうなんです。英語の上達というのは、まさにコレ

なんですね。ネイティブが使っている英語圏の、

生の英語表現(慣用的なライン、パーツ、フォーム)

をどんどん抽出して真似するだけで、何度も同じ

語句や表現に再会することに気付くようになります。

 

 

そして、そんな「再会の頻度」が上がるにつれ、

いつの間にかあなたは英語をペラペラと話せるように

なり、またスッキリとリスニング(聴解)出来るように

なる…というわけです。あなたもそんな「再会」を

この講座で体験してみませんか?

【今夜募集締切:残り2名のみ】

↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-english15/

 

 

 

【 渡邉のメール講座:本日の実践内容です 】

大人気のメール講座では以下のような内容で

受講生たちが楽しく英語の勉強を続けています^^

受講を検討される際の参考にして下さい:

 

 

■ ラインマスター毎日英語塾 ■

今日は TOEIC(R)テスト対策の日でしたので、

リーディングの練習問題を実践しました。

避難訓練の告知文に関する問題でした。

英語で「避難訓練」を何と言うか知っていますか?

明日はリーディングの日ですので、また

英語圏の生の英文記事等を読んでみたいと

思っています^^

 

 

■ 自宅でESL!バーチャル留学メール講座 ■

今日は Order of Adjectives 「形容詞の順番」

に関する解説と14問のエクササイズの実践を

行いました。あなたは複数の形容詞を並べる時、

そこにルールがあるのをご存知ですか?

今日の講座では、ネイティブがどのような感覚で

形容詞の順番を無意識で決めているのか、その

ルールを詳しく解説しました。「ためになった」

という感想メールをいくつか頂いています^^

 

 

* 上記メール講座はいずれも受講生を不定期で

募集しております。残念なことに、常に参加が

可能というわけではございませんので、募集の

キャンペーン等があった時はチャンスを見逃さず

積極的にご参加下さい。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ