英会話に必要なのは「正しさ」ではなく「勢い」です

 

日本に来た外国人が驚くことはたくさん

あります。例えばトイレ。とにかく

日本のトイレが清潔で機能的なことに

ビックリする外国人が多いのです^^

未だにウォシュレットに驚かされる人が

いるぐらいです。

 

 

先日も日本に初めて来たというアメリカ人が

男性用トイレの便器にダーツの的が貼ってあり、

真ん中におしっこを当てると液晶モニター内の

敵キャラを倒すことが出来るゲームに

度肝を抜かれていました(笑)

 

 

また、極めて正確なダイヤで運行されている

電車や地下鉄に驚かされる外国人も多いです。

まぁ「正確さ」は日本人が最も得意とする所

ですからね。

 

 

しかし実は、この「正確さ」が時に仇となって

しまうことがあるのです。それが特に顕著なのが

「英会話」と言えます。

 

 

日本人は自分が話す英語に、どうしても

「正確さ」を求めてしまいがちです。確かに、

間違っている英語と、正しい英語のどっちが

良い?と聞かれれば正しい英語が良いに

決まっています。

 

しかし、それも程度の問題で、少なくとも

コミュニケーションのツールとして通じる

レベルの英語であれば、それ以上の「正確さ」

を求める必要はないのです。

 

 

それよりも英会話で重要なのは「勢い」ですね。

会話はキャッチボールですから、ポンポンポン…

と続く「勢い」が必要なのです。この勢いが

ないと、どんなに正確な英語を話していても

会話は盛り上がりません。

 

 

どうかあなたが英語を話す時には、「正確さ」

よりも「勢い」を重視するようにして下さい。

多少下手な発音でも、文法がおかしくても、

気にする必要はありません。そのまま「勢い」

で突っ走ると良いです。

 

たったそれだけであなたの英語はパワフルに

なります。英会話に必要なのは「正確さ」

ではなく、「勢い」である…。大切なこと

ですので、もう一度書かせて頂きました^^

どうか覚えておいて下さい!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年4月3日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ