なぜガサツな人の方が英語を話せるようになるのか?

こんなタイトルを書くと、また英語を話せる人から

「テキトーなことを書かないで下さい」

なんて言われそうですが^^;

 

 

いえ、でも本当にタイトル通りなのですから

仕方がないです。少なくとも、私の周りにいる

イングリッシュ・スピーカーは、ほぼ間違いなく

「ガサツ」な性格であると感じます^^

 

 

まぁ、「ガサツ」と言えば少し語弊がありますね。

そうではなく…「大雑把」でしょうか。

それでもまだ語弊が?^^; …そうねぇ、

「ドーンと構えてる」とか「親分肌」とか?(笑)

 

 

ま、とにかく英語を話せるようになった日本人に

共通する性格が「動じない」ということです。

「細かいことを気にしない」とも言います。

 

 

これ、「細かいことを気にしない性格」だから

英語を話せるようになったのか、はたまた、

英語を話せるようになったら「細かいことを

気にしなくなった」のか定かではありませんが^^;

 

 

私の場合は、大昔はメチャクチャ神経質でした。

もう、本当にケツの穴の小さい男でして…(笑)

ちょっとした細かいことをすぐに気にするタイプ

だったのです。

 

 

しかし、アメリカで「ガサツ」「大雑把」の

洗礼を受けまして、見事「男」になりました^^

もう、それ以来本当に人が変わって、堂々と

英語を話せるようになりましたね。

 

 

少しぐらい英語を間違えても気にしない。

完璧に聴き取れなくても気にしない。

常に Don’t worry, be happy! の気持ちで

ここまで来ました。結果オーライです^^

 

 

もしあなたが、小さいことを気にしたり、

クヨクヨする性格なのであれば、ここいらで

ドカーンと「大雑把」路線に転向してみるといいです。

 

 

気持ちがラク~になると同時に、あれほど

話せなかった英語が、不思議ほど話せるように

なりますよ。これはもう本当、絶対に

「ガサツ化」効果以外の何物でもないのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ