毎日勉強をする必要はないです

7月もたくさんの方から英語の勉強法に関するご質問を頂きました。
中でも特に多かったのが、勉強の時間に関するもの。

このメルマガで以前も英語の勉強時間に関するお話をさせて頂いたことが
ありますが、今日はもう一度この勉強時間に関してしっかりと理解して
頂きたいと思います。

私がホームページの方で「英語は短期間で身につけろ」と何回も繰り返して
いるからか、多くの方から「短期間で身につけろと言われても、仕事や他の
事で忙しく、なかなか毎日の勉強時間を作り出せない」というメールを頂き
ます。

確かに、今仕事が忙しい人、学校で英語以外の勉強もしなくてはならない人
など、なかなか毎日1時間以上を英語の勉強に割り当てることが困難な人は
多いものです。

私も仕事以外にやりたいことは一杯あるのですが、たった1時間を作り出す
ことさえ難しいんですよね。それは本当にわかります。

しかし、実際には1日1時間の勉強をコツコツと続けていても、なかなか英語
を話せるようにはなりません。それは、そのような勉強を続けている人で
あれば既によく分かっていることですよね(^^;
ではどうすれば良いか。

ここで、一つ発想の転換を行います。

よく日本人は「毎日~をして…」とか「地道に~を続ければ…」といった
根性論的表現を好んで使います。特に「日々云々して…努力を続ければ」
というのが好きですよね。

それはそれで間違っていないのですが、英語の習得に関して言えば、あまり
効果がないだけでなく、はっきり言って逆効果の場合さえあります。

まず、英語の勉強というものは(英語だけに限らず勉強というものは)、
退屈で面倒くさい作業になりがちです。ともすれば、「あー面倒くさい、
辛い、飽きた。もうやめよう…」と三日坊主に陥りやすいわけです。

それを毎日ちょっとずつ何年も続けようというのが土台無理な話なんです。

しかも、皆さんの目標は「英語を身につけること」であって、「英語の勉強
を長く続けること」ではありません。
そうなんです、ここが重要なのですが、いつの間にか目標がずれてしまって
いるのです。毎日英語の勉強を「少しずつ続ける」ことが目標になって
しまっている。本当の目標は「英語を身につけること」であるにも関わらず、
です。

それでは、今本当に忙しくてなかなか英語の勉強に毎日1時間以上を費やす
ことが出来ないという人はどうすれば良いか。

そんなに忙しい方は、まず「毎日英語を勉強すること」を諦めて下さい。

はい、また過激な発言ですが…(^^;

「毎日英語を勉強すること」を諦めてみましょう。

別に「毎日」英語を勉強する必要はないんです。

別に「地道に」英語を勉強する必要もないんです。

そんなの幻想ですから(^^) 忘れて下さい。努力なんて幻想です。

例えばどんなに忙しい人でも休日くらいはありますよね(休日さえないと
言う人は、英語の習得自体諦めましょう(^^;)

毎日少しずつ英語を勉強する代わりに、例えば休日に朝から晩まで英語の
海に浸かってみる。

それこそ、朝起きてから夜寝るまで、十数時間の間、自分を英語まみれに
してみるんです。

普段出来ない英語の勉強をするのも良いですし、洋画や海外ドラマを
観まくるのも効果的です。TOEICや英検の試験勉強をするのも良いです。

とにかく休日の朝から晩まで、ドカッと英語漬けになってみる。

これが実は本当に効果的なんです。やってみれば分かる。
やってみた人はみんなその効果に驚いて私に感想メールを送って下さって
います。
もうじきお盆休みですね。1週間くらい休みが取れるのであれば、ドカッと
英語の超短期集中攻略やってみませんか?

がっつり英語の海に身を浸す…

そんな夏休みの過ごし方も良いと思いますよ(^^)
頑張って下さい~!

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ