面白いほど聴き取れる7ステップ式リスニングとは?

英語がなかなか聴き取れるようにならない…

という方が本当に多いです。もう、毎日のように

英語のリスニングの悩みのメールを頂きます。

 

 

しかし、話をよく聞いてみると、ほとんどの方が

ただ英語を聞き流し続けているだけであったり、

或いはガムシャラに英語のシャワーを浴びているだけ…

という感じのトレーニングを続けられている

ようなのです。

 

 

これは何でもそうですが、何か難しいスキルを

身につけるためには、きちんとしたメソッドに

基づいた「適切な」トレーニングを行わないと

いけないですね。

 

 

そこで、今回から数回に渡って、英語をしっかりと

聴き取れるようになるための強力な新メソッド、

「7ステップ式」リスニング・プロセスの詳細を

ご紹介したいと思います!^^

 

 

今「英語を聴き取れない!」と悩まれている方は

まずご自身がどのようなやり方で英語を聴き取って

いらっしゃるのか、「7ステップ式」と比較し、

是正すべき点があれば参考にしてみて下さい。

 

 

まず、7ステップ式リスニングの第一段階は

「準備」です。これはスピーキングにおいても

重要なプロセスと言えますが、英語の聴き取りに

おいても、聴き取る英語音声に関する情報を

出来る限り事前に頭に入れておくことが望ましい

ということですね。

 

 

今回は以下の YouTube 動画の英語音声を例に

解説を進めたいと思います。この動画は

Pringles(プリングルズ)というポテトチップス

の CM 動画です:

Title: Empty

http://www.youtube.com/watch?v=sqCKpzhx5H8

* 音が出ますので注意して下さい。

* まだ聴き取りを実践しないで下さい(明日、

詳しい解説をお送りする予定です)

 

 

この英語音声の場合は、事前に以下のような

バックグラウンド情報を知り得ることが出来ます:

- Pringles(プリングルズ)はポテトチップスで

あること。

- Pringles(プリングルズ)の CM 動画であること

- Empty「空っぽ」という動画タイトルであること

 

 

このような情報を頭に入れておく(準備しておく)

ことで、これから耳に入ってくる英語音声に備える

わけです。この「備え」があるかないかだけでも

リスニングのパフォーマンスには大きな差が出ます。

 

 

一流の通訳者であっても、これから自分が耳にする

であろう英語音声に関する事前の調査と準備は

怠りません。プロでも準備に余念がないのですから、

英語学習者であれば、それ以上に準備が重要である

ことは容易に理解出来ますね^^

 

 

さて、少し長くなりましたので、この続きはまた

明日お送りしたいと思います。明日は、7ステップ式

の第2段階「聴き取り」と第3段階「照合」について

詳しく解説します。

 

 

実際に、YouTube動画を聴き取り、

ここからどのように内容を理解していけば良いのか、

適切なリスニングのノウハウを包み隠さずにお話し

しますので、どうぞお楽しみに!^^

 

 

追伸:

4月開講予定のリスニング専門新講座について、

ご質問・ご要望がございましたら今のうちに

ドシドシ、メールでお問い合わせ下さい!

実際の募集は来週からを予定しています^^

 

 

 

【 渡邉のメール講座:本日の実践内容です 】

大人気のメール講座では以下のような内容で

受講生たちが楽しく英語の勉強を続けています^^

受講を検討される際の参考にして下さい:

 

 

■ ラインマスター毎日英語塾 ■

今日は TOEIC(R)テスト対策として、先週の

続きでリーディング(長文)の例題を3問

解きました。英文は実際の「求人広告」で、

ビジネス関連のボキャブラリーをたくさん

学ぶことが出来ました。昨日のデイリーワーク

は、Yahoo! SHINE の DAILY SHOT の英語音声

を聴き取り、日本語で要約を書きました^^

(現在の受講生数: 648名)

 

* こちらの講座は現在受講生を募集しておりません。

不定期でキャンペーンを実施致しますので、

そのような機会にご参加お待ちしています^^

 

 

 

■ 自宅でESL!バーチャル留学メール講座 ■

今日は口語の idioms「慣用表現」に関する

エクササイズ10問を実践しました。例えば

take to ~ like a duck to water や

as cool as a cucumber 、

take the bull by the horns …といった

英語圏では定番の慣用表現を10個、例文と

共に学習しました。こういうのは知らないと

話せないし、聴き取れもしないのです^^

(現在の受講生数:287名)

 

* こちらの講座は現在受講生を募集しておりません。

不定期でキャンペーンを実施致しますので、

そのような機会にご参加お待ちしています^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月12日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ