どうすれば英語の読解スピードを上げられるか?

 

比較的、日本人は英語の読み、すなわち

リーディングは得意という人が多いのですが、

読解のスピードは?と聞かれると

「自信がない」と答える方がたくさん

いらっしゃいます。

 

 

これはつまり、日本人は「丁寧に」読む人が

多いことを表しています。一つ一つの単語の

意味や、英文法・構文などをしっかりと

考えながら精読しているわけですね。

 

 

もちろん「精読」も重要です。

しかし、例えば TOEIC(R)テスト等を

はじめとした英語の試験などでは、

あまり「精読」していてはすぐに時間切れ

になってしまいます。

 

 

特に TOEIC(R)テストは最も時間にシビア

ですから、英文読解などにゆっくり、

じっくり時間かけていたらそれだけで

アウトです^^;

 

 

では、どうすれば英語読解のスピードを

上げることが出来るのでしょうか?

これは、実はリスニングのスキルに通じる

所があります。というか「同じ」ですね。

 

 

つまり、英語を読む時も、まるで英語を

聴き取るかのように読解していくと良い

のです。通常、リスニングにおいては、

英語の音声はどんどん流れていきます。

次から次へと聞こえては、消えて行くわけ

です(音だから当たり前ですが^^;)。

 

 

すると、脳は聴き取れた語句や表現のかたまり

だけを理解します。聴き取れなかった部分は、

当然すぐに消え去っていくので、頭の中には

残りません。しかし、それでも十分に内容を

推測して理解することが可能なのです。

 

 

リーディングにおいても、まるで英語音声を

聴き取っているかのように、理解出来る部分

のみを頭に残して、わからない部分はどんどん

飛ばして読んでみると読解の速度が格段に

上がります。

 

 

もちろん精読と比べれば多少内容の理解度は

落ちますよ。しかし、TOEIC(R)テスト等の

試験で重要な部分だけを理解する…という

レベルであれば、十分に事足りるのです。

 

 

実は、これが速読とか、フォトリーディングの

原理であったりします。もしあなたが、

読解の速度が遅くて悩まれているのであれば、

今日のお話を参考にしてみて下さい^^

 

 

 

 

【 渡邉のメール講座:本日の実践内容です 】

大人気のメール講座では以下のような内容で

受講生たちが楽しく英語の勉強を続けています^^

受講を検討される際の参考にして下さい:

 

 

■ ラインマスター毎日英語塾 ■

今日はリーディングの練習として、アメリカの

Yahoo!Newsの英文記事から、南極上空を覆う

巨大な渦巻き雲(嵐)の衛星写真に関する話を

読んでみました。今年は地球規模で異常気象

なのかも知れませんね。

(現在の受講生数: 649名)

* こちらの講座は現在受講生を募集しておりません。

不定期でキャンペーンを実施致しますので、

そのような機会にご参加お待ちしています^^

 

 

■ 洋画・海外ドラマで楽しく聴解ワーク! ■

* 配信開始時期によって内容が異なります。

今日はアカデミー賞長編アニメーション賞と

主題歌賞を受賞したディズニーの最新話題作

『 Frozen 』(アナと雪の女王)の Trailer

後半を使って聴解ワークを実践しました。

後半も英会話等の口語で使えるたくさんの

慣用ライン、パーツ、フォームを抽出して

覚えることが出来ました^^

(現在の受講生数:317名)

* こちらの講座は現在受講生を募集しておりません。

不定期でキャンペーンを実施致しますので、

そのような機会にご参加お待ちしています^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年3月6日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リーディング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ