あなたはどちらの英語習得アプローチを選びますか?

ちょっと残念なブログを見つけてしまいました。

それは、どこかの英語教師が自身の英語の勉強法

について情報発信しているブログなのですが、

私の英語習得法と全く正反対のことを提唱されて

いるのです^^;

 

 

例えば、英語を話せるようになるには、

話す内容をあらかじめ覚えておく…という

アプローチは絶対にダメだと断言されています。

 

 

そうではなく、とにかくたくさんの単語を覚え、

文法は絶対のルールなので、それに基づいて

しっかりとした構文で英作文をしながら

英語を話すべきであると断言されています。

 

 

もちろん、色々な方が色々な方法(アプローチ)

で英語を身につけられているわけですから、

その方にとっては正しい英語習得法なのかと

思います。

 

 

しかし、私の経験上、そして私の周りで

既に英語を話せるようになった日本人、

あるいはアメリカ人のESLインストラクターが

提唱する方法論としては、単語をたくさん暗記して、

文法通りに構文を作って話すというアプローチは

あまり現実的とは言えません。

 

 

その英語教師が言うには、まず主語を決め、

動詞を選び、時制を考えて適切な構文を定め、

自分の言いたいことに合った単語を選んで、

文法的な整合性を確認しながら英文を作り、

それを話すようにすべき…ということです。

 

 

まぁ、言われていることは間違ってはいない

のですが…、そんなことを頭の中で考えながら

英会話している人なんていないと思いますよ^^;

 

 

それは「書き言葉」のアプローチなんです。

英語を書く時には、そんな感じで良いのですが、

英語を話す時には、そんなことをしていたら

英会話のスピードについていけなくなります。

 

 

だから、単語単位で覚えたり、文法のルールや

発音記号を気にしながら話すことはせず、

あらかじめ覚えておいたラインを中心に、

組み合わせとアレンジによるバリエーションで

英語を話すようにすると良いのです^^

 

 

もっと、簡単にシンプルに考えればいいのになぁ

と思ってしまいました。あなたはどちらの

アプローチの方がいいと思いますか?

 

 

追伸:

コアビクサーによるダイエット4日目。

早くも2キロの減量に成功!

このまま頑張りますよ~^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年2月25日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ