なぜ日本人はリスニングが苦手な人が多いのか?

日本人は英語全般において苦手という人が多いわけですが、とりわけ「リスニング」、 すなわち英語を聴き取ることとなると、誰もが「苦手だ~!!」と叫びます^^

なぜ日本人はこうも英語の聴き取りが苦手なのでしょうか?

その一つの原因は「几帳面さ」にあります。

私の周りには通訳者をはじめ、英語を聴き取れる日本人がたくさんいます。…が、総じて彼らの性格を分析しますと「大雑把」な人が多いのです^^;「几帳面」な人はまずいません。

皆「ガサツ」で「ズボラ」…、いえ、それは言い過ぎでした(爆)オホン、「大らかな」性格の人が多いのです^^

それに対して「英語がなかなか聴き取れません」と嘆かれる日本人の多くは、とーっても「几帳面」で「繊細」なイメージがあります。

もっと言えば「クソ真面目」…

いえ、これも不適切な表現でした^^;訂正してお詫び申し上げます。モトイ、

「細やかな」性格の人が多いのです(笑)

で、こんなのは本当にメンタルの問題が大きくて「絶対聴き取れるわけない…」とか「果たして聴き取れるかしら…」なんてビクビクしながら英語を聞いても、まぁ、まず聴き取れないです。

そうではなく、もっと心を強く持って、「絶対に聴き取れる!聴き取ってやる!」とか「フン、大体こんなこと言ってんだろ!」という感じで、デーンと構えて英語を聞くとア~ラ不思議、何だかいつもより英語が聴き取れた気がする…ようになります。

もちろん、英語を聴き取るためには他にも一定の方法があって、まぁこれは私の教本等を読んで頂きたいわけですが、いずれにしても日本人の「リスニングの苦手意識」というのはまさにメンタル的な問題に根源があると理解して下さい。

もっと、大らかに、ガサツに、ズボラに(!)なりましょう^^ ドーンと構えて、「よっしゃ、英語聴き取ったるで!」という感じでいくといいんですけどねー。(なぜに関西弁?)

ご理解頂けたでしょうか?^^

 

追伸:

もちろん、ESLメール講座ではリスニングのエクササイズもたーくさん実践します。高負荷の聴き取りを行って、どんどんライン、パーツ、フォームを覚えていく!

だから、受講生たちはグングン英語力を身につけて先に行ってしまうのです。足踏みしている場合ではありません^^あなたも今すぐ試してみて下さい!

【残り9名、明日最終締切】
↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

esl3

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年2月19日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:リスニング

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ