何時間勉強すればいいの?

今日は英語の勉強にかける「時間」のお話。

最近、特に多くの方から「どのくらいの時間英語を勉強すれば良いですか」
という質問を頂きます。

特に、今仕事をされていたり、他のことで忙しくなかなか英語の勉強の
ために時間を取れないという人が多いようです。

当然、何を身につけるにも「時間」というのはかかります。

巷でよく聞くキャッチフレーズで、例えば「聴くだけで英語が話せるように
なる魔法の教材!」とか「寝ている間に英語べらべらになる教材!」とか
そんな胡散臭い教材の効果が本当であれば一番良いのですが(^^;、大抵は
そんなに簡単に英語を身につけられるものではありません。

逆に皆さんにお聞きしたいのは、どのくらいの時間を英語の勉強に費やす
ことが出来ますか?ということ。

確かに本当に忙しい人は一日に30分の勉強時間を作り出すことも難しいかも
しれません。

しかし、実際には忙しい人ほど英語をアッサリと身につけてしまっている
実例がたくさんあるんですね。

むしろ忙しい人の方が早く英語を身につけてしまっているくらいです。

「今は忙しいから…」
「なかなか時間が取れないから…」
「今の仕事が落ち着いたら…」

そんな言い訳をしている人というのは、実はそれほど「英語の必要性」を
感じていないのかもしれません。

本当に英語を身につける必要があって、今すぐにでも話せるようにならなけ
ればならないという「切羽詰った」状態にある人は、どんなに忙しくても
1日1時間以上の英語の勉強時間を平気で作り出します。

どんなに忙しくても、寝ている時間や食べている時間などがあるはずです。

要は、バランスの問題なんですね。

人は物事を天秤にかけて、どちらが自分にとってより良い(楽な)選択で
あるかを常に測っています。

つまり、「英語の勉強」より他のこと、例えばテレビを見ること、食べる
こと、寝ることの方が重要な(=重い)わけです。

ところで、私の周りで英語や英会話の習得に成功した人というのは、
「どれくらい勉強すれば英語が話せるようになるか?」という発想を
しません。

自分が納得出来るレベルになるまで、ただ勉強を続けるだけなんですね。

それが結果的に3ヶ月で日常英会話をマスターしてしまったとか、半年で
TOEIC900点以上を取れたとか、そういう成功話になってくるわけです。

それでも心配というあなたに、一つの目安を教えます。

今、中学英語を十分に理解している人であれば、1日1時間の勉強を3ヶ月
続ければ「英語でコミュニケーションを十分に取れる」レベルまで到達
することは取り立てて難しい話でも、非現実的な話でもありません。

勿論、毎日の勉強時間を1時間と言わず2時間、3時間と増やせる人であれば
もっと早く「周囲から英語を話せる人であると認知される」レベルに到達
することが可能です。

これはもう要するに方法論の問題ですので、非効率な間違った英語の勉強
を何年も続けていても無理なんですね。

多くの人は、間違った英語の勉強法をずっと続け、あとどれだけやれば
英語を話せるようになるのか?と不安になったり、途中でイヤになって
三日坊主で終わってしまう。本当にもったいないです。
本気で英語をマスターしたいと思っているのであれば、私の英語・英会話
マニュアルを読んでみて下さい。

一体どれだけ勉強すれば良いのか、一体何をどう勉強すれば良いのか、
それらすべてがハッキリと分かるようになりますから(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ