英語を話せるようになったかはあなたが決めるのです

「あなたは英語を話せますか?」と聞かれて「はい話せます!」と堂々と答える日本人は少ないです。

これは日本人の控え目な性格を表しているわけですが、しかし、もしあなたがある程度の英語を話せるようになったのであれば「はい、話せます!」と堂々と答えた方がいいです^^

確かに、ハッキリとそう断言するには勇気が要ります。実際、それほど自信がなければ尚更ですね。「はい、話せます!」なんて断言してペラペラまくし立てられたらどうしよう…なんて思うわけです^^

しかし、それでも!

あなたが少しでも英語を話せるのであれば「はい、話せます!」と断言してしまった方が良いのです。

さらに「私は十分に英語を話せるんだ!」と自分自身に言い聞かせて下さい。そう、それは「自己暗示」のように、何度も何度も「私は十分に英語を話せるんだ!」と言い聞かせるのです。

本当に不思議な話ですが、自分が「話せる!」と思えるようになると、その時点から実際に英語は話せるようになります。「話せない」と思っている間は、当然ながら英語なんて話せるようにはなりません。

言ってみれば、自分で「話せる!」と心から思えない限り、あなたはいつまで経っても「話せない」んです。これは単なる自己暗示だけの話ではありません。

いつになったら英語を話せるようになるのか?という質問とも嘆きとも取れる言葉をよく耳にしますが、実を言うと、それは【本人】次第なんですね。

英語を話している本人が「私は話せる!」と堂々と断言し、心からそう思える瞬間に英語というのは話せるようになるのです。

日本人の控えめな所は美徳でもありますが、いつまでも「まだまだ私は話せない…」と言い続けているのはあまりお勧めできません。

少しでも英語を話せるようになったら「はい、私は英語を話せますよ!」と堂々と大声で断言してしまいましょう^^

追伸:

明日から「自宅でESL!バーチャル留学メール講座」の期間限定【半額】キャンペーンを実施します^^

先着20名様限定で大人気のメール講座を半額で受講出来るチャンスですので、どうぞお楽しみに!

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ