英会話が得意な日本人はこの「流れ」を熟知している

英語を話せるようになるために必要なことは何でしょうか?

単語をたくさん覚えること?

英文法をしっかりと勉強すること?

発音の練習を徹底的に行うこと?

いえいえ、そんなことは全部後回しで構いません^^ 英会話で気持ちよく英語を話せるようになるために、あなたがまずすべきことは…「会話の流れ」を知ることです。

例えば、海外旅行先で、一番初めに体験する英会話といえば…飛行機内での客室乗務員との会話とか、入国審査(税関)でしょうか。

私も初めてアメリカに渡った時、あまりの緊張でガクガク震えながら英語を話したのをよく覚えています^^;

今、英語を上手に話すことが出来ない人にとって機内や入国審査での英会話というのは、「一体、どんなことを聞かれるんだろう…」「一体、何て説明すればいいんだろう…」と、とにかく不安で一杯になりますよね。

しかし、落ち着いて考えてみると、機内での会話も、入国審査での会話も、毎回毎回「お決まりのワンパターン」なんです。それは海外へよく行かれる方ならご存知かと思います。

つまり、このような英会話にはシチュエーションごとの「定番の流れ」があるわけです。ハッキリ言ってしまえば、そのような「定番の流れ」さえ押さえておけば、英会話なんてちっとも怖くないんですよ^^

で、英語を話せる日本人というのは、そんな「定番の流れ」「会話のパターン」ってのを熟知しているのです。それは「相手がこう来たら、こう返す」というお決まりの流れなので、それ以外の英語を話す必要はまったくないわけですね。

しかし、今英語を話すことが出来ない人からすると、機内や入国審査での英会話というのは完全なる未知の世界で、何かとんでもないことを英語で聞かれるんじゃないか?とハラハラ・ドキドキしてしまうのです。

では、「定番の会話の流れ」ってどんな感じなのでしょうか?それをシチュエーションごとにしっかりと学ぶことが出来るのが、Hapaトラベル英会話です。

以下のページを見て頂ければわかりますが、海外旅行先で必要な英会話の定番の流れだけでなく、英語圏での日常的な英会話の多くのパターンをごっそりと知ることが出来ます。

そして、このような英会話の定番の流れを身につけることが出来れば、海外旅行はもちろん日常英会話からちょっと込み入ったトークまで自信を持って行うことが可能になります。

ハッキリ言って、私も初めて海外に行った際にこんな教材があればもっとラクだったのになーと思いましたよ(笑)

あと3日で値上げになりますし、教材を作られたセニサック淳先生のサポートも終了になってしまうそうですので、今すぐお申込みされた方が良いかも知れません。

Hapaトラベル英会話

↓↓↓
http://bit.ly/1b7yYgL

 

 

 

 

渡邉 英喜

 

 

 

追伸:

これで英会話の「定番の流れ」をガッチリ

マスターして下さい!^^

どうぞ楽しい週末を~(雪に注意して下さい)

↓↓↓
http://bit.ly/1b7yYgL

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2014年2月7日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ