英語習得のための感情コントロールの方法教えます

私たちの行動は常に「感情」に支配されています。例えば、あなたが週末に買い物に出かけて、とても素敵な服を見かけたとします。

値段を見ると、結構いいお値段です。すると、あなたの脳内では「欲しい!」という欲求と「でも高い!」「今は必要ない!」という自己抑制の葛藤が生じます。

しかし、店員さんの巧みなセールストークで、あなたの気持ちはグーンと高まります。

「お客さまにピッタリの服ですよ!」「とっても似合ってステキですよ!」

するとあなたは何だか気分が良くなって、最終的には「そうだよね、いつも頑張っている自分へのご褒美だよね!」と購入を決断します。

ここで重要なポイントは、最終的な行動のトリガー(きっかけ)は「必要性」ではなく、あなたの【感情】であるということ。人の行動は常に【感情】に支配されているのです。

そこで英語の話になります。

英語の勉強をする時、あなたの感情はどんな状態でしょうか。

「は~あ、また単語の暗記か」

「うへー、文法の問題集、めんどくさ!」

「リスニングの練習続けても効果あるんか?」

…そんな、ネガティブな、イヤ~な気持ちで勉強を始めようと思っても、なかなか重い腰が上がらないのではないでしょうか。また、仮に無理矢理勉強を開始したところで、そんな気分では身につくものも身につきませんね。

そんな時はあなたの感情をコントロールしましょう^^

例えば、初めての英会話であなたが喋った英語が通じた瞬間のことを思い出してみて下さい。「うわ!英語が通じた!嬉しい」なんて瞬間です。

または、同じく初めての英会話で相手が言っている英語を聴き取ることが出来た瞬間を思い出してみて下さい。「うひょ!聴き取れたよ!嬉しい」なんて瞬間ですね^^

そのような至福の瞬間には、あなたの脳内に快感物質が放出されているのです。そして、そんな「気持ちの良い状態」になると、あなたの脳は普段の何倍も何十倍も活性化されます。

よく、「今日はずいぶん調子よく勉強が捗るな」なんて感じる時がありますが、それがその状態。で、そんな脳の「気持ち良い状態」というのは習慣次第でコントロール出来るようになるのです。

忘れないで欲しいのは、私たちの行動というのは常に【感情】によって支配されているということ。だから、常に感情をコントロールし、気持ち良い状態で勉強をする…ということです。

これが出来るようになると、勉強の効率がググーッと上がりますよ。常に笑顔で、常に楽しく、わくわくしながら前向きに勉強・トレーニングを続けましょう!

 

追伸:

そういえば、先週ご紹介した Hapa トラベル英会話ですが、格安の先行販売価格で申し込めるのは2月10日までだそうです。

これをお伝えするのを忘れていました、ゴメンナサイ m(_ _)m今ならまだ間に合うようですので、安く手に入れたい方は今すぐお申込み下さいね!^^

↓↓↓
http://bit.ly/1b7yYgL

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ