聴き取れるようになった!という人が続出中のワケ

どうすれば英語を聴き取れるようになるのか?というのは、英語が苦手な日本人にとっては永遠のテーマでもありますが、ひとたび英語を聴き取れるようになった人からすれば、実際の所、そんなに難しい話ではないんです。

まず、極めて基本的な話をしますが、英語を聴き取れるということは「相手が話している英語表現と、自分の頭の中に既に入っている語句・表現とが合致(照合)する」ということに過ぎません。このメカニズムをまず、しっかりと理解する必要があります。

しかし、多くの日本人は上記のような基本的な聴解のメカニズムを知ろうとせずに、ただガムシャラに英語の音声を聴き続けていればいつか勝手に聴き取れるようになる…と信じ疑わないのです。

だから、「聞き流すだけで…」なんていう胡散臭い広告文についつい惑わされて、文字通り英語を「聞き流して」いるわけですが、そんなことをいくら続けても英語を聴き取れるようにはなりません。

ここで重要なことは「英語の語句や表現を知る」ということです。あなたが知らない英語の表現いくら何度も耳にしたところで、その表現を知らなければ意味を理解出来るわけがないですよね^^; 当然といえば、当然の話です。

そこで、リスニング力をアップさせるには、特にネイティブたちが英語圏の日常生活で普段使っている【慣用的な表現】だけを集中的にピックアップして覚えるのが一番なのです。

しかし、今アメリカに住んでいるとか、留学中とか、そういった恵まれた環境下にある英語学習者でなければ、ネイティブたちが実際に使っている【慣用的な表現】を知り得ることは、なかなか難しいものです。

そこで、お勧めするのが「洋画や海外ドラマ」というわけです。これなら YouTubeでも、レンタルでも、簡単に視聴することが出来ますね。今の時代、ほとんど無料でネイティブたちの生の英語表現をいくらでも手に入れることが出来るのです。

このような英語音声のソースから、あなたが気になるラインやパーツ、フォームをどんどん抽出してみて下さい。生の英語表現をそっくりそのまま真似て、身につけて、実際に使ってみるのです。

すると、スピーキング力の向上はもちろん、リスニングにおいても「あ、今の表現は知ってる!聞いたことがある!」というのがどんどん増えてきます。これがターニングポイントになるのです。

「あ、知ってる表現だ!」という瞬間が多くなるにつれ、あなたの聴解力は爆発的に向上します。こうやって英語を聴き取れるようになるわけです。何度も言いますが、ただ単に英語音声を聴き流し続けても意味はありません。重要な点は、英語の慣用的な表現をどんどん抽出して覚えること。

そうして、あなたの頭の中で「照合」可能な英語の語句・表現が増えるとリスニング力が上がるというわけです。このメカニズムを忘れないで下さい^^

追伸:

でも「どんな英語の語句・表現を抽出して覚えれば良いのかわからない!」という方も多いでしょう。そんなあなたにピッタリなのが、今回【半額】キャンペーンを実施している「洋画・海外ドラマで楽しく聴解ワーク!」講座です^^

この講座では毎回、楽しい洋画や海外ドラマの動画を用いて、初級・中級・上級のレベル別聴解ワークを実践、同時に渡邉が抽出したライン、パーツ、フォームなどを詳しい解説と共に覚えることが可能になります。

何よりも、実際に「聴き取れるようになってきた!」という体験の声が多いのも、このメール講座の特長です。リスニングでお悩みの方は特におススメの講座ですので、ぜひ14名限定の半額キャンペーンにお申込み下さい【早い者勝ち】です!

↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-english14/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ