英語習得、思い立ったが吉日!

職業を聞かれて、通訳や翻訳の仕事をしていますと言うと、大抵の人は
「えーすごいですね~」って尊敬の眼差しで見てくれるんですね。

そんな時、私はいつも「いやいや、そんあ大したモンではありません。
まあ「ホンヤクこんにゃく」に毛が生えたようなモンです」って謙遜して
答えるのです。

まあ、それはいいんですが(^^;

「すごいな~、私も英語話せるようになりたいな~」なんて言うので、
相手がカワイイ子だと「じゃあ、…して…してみたらいいよ」みたく簡単に
英会話の上達法をアドバイスするんですね。

で、また何ヶ月かしてその子と会って、「どう?英語少しは話せるように
なった?」なんて聞いてみると「まだ英語の勉強始めてない」って言うん
です。

そこで、いつも私は疑問に思ってしまうんですね。

だって、その子が「英語話せるようになりたい!」って言うから、すぐに
話せるようになる「とっておき」の手段と方法を教えてあげているのに、
「まだ勉強を始めていない」って言うんですよ。

私としては本当に「えーなんで?」っていう感じ。

多分ね、こういう人って本当に多いんじゃないかって思うんです。

結局「英語を話せるようになりたい!」っていうのは日本人の口癖みたいな
もので、本当はそんなに話せるようになりたいと思っていないんじゃないか
と勘ぐってしまいます。

だって、英語を身につける手段、方法は目の前にあるんですよ。

問題はただ、それを始めるか始めないか、それだけなのに。

いつまでたっても「英語話せるようになれたらな~」なんて言って足踏みを
続けている。ずーっとずーっと同じ場所で、足踏みばかりしているんです。
一方で、本当に英語を身につけようとすぐに行動を起こす人は違います。

口ばかりの人が足踏みを続けているのを横目に、サーっと前へ進んでいくん
ですね。そういう人は、もう本当に短期間で涼しげな顔をして英語を身に
つけてしまいます。

例えば、さっきも書きましたけれど、「この夏中に日常英会話くらいは
サラッと話せるように本気出してやってみよう!」と思い立ってすぐに行動
に移せる人は、本当にこの夏中に自分を変えることが出来るんですね。

月日が経つのは早いですから、口ばかりで「英語話せるようになれば…」
なんて言い続けている人は足踏みを続けている間に夏なんて終わってしまう。
本当、あっと言う間ですから。

しかし、今行動に移せる人や口より先に行動で示せる人というのは、そんな
人たちが足踏みをしている間に、夏の終わり頃には本当に日常英会話なり、
TOEICのスコアなりで素晴らしい結果を出してしまうんですね。

これが、英語を身につけることが出来る人と、いつまで経っても身につける
ことが出来ない人の一番の典型的な「違い」です。

これを読んで耳が痛いと思った人、今すぐ行動に移しましょう(^^)。

この夏、思い切って変身しちゃいませんか?
 
私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ