物事にはすべて「二面性」があります。だから…

英語を勉強していると一喜一憂することが多いですね。

例えば、英会話で言いたいことをうまく言えたり、相手の話していることがよく聴き取れたりすれば誰もが「やった~!」と嬉しくなるものです^^

しかし、一方で少しでも TOEIC のスコアが落ちてしまったり、なかなか英語力の上達が感じられなかったりすると、それだけで「ガックリ…」と肩が落ちてしまうものです。

まぁ、これは「感情」を持つ人間ならではのことですから、仕方がないといえば仕方がないです。誰もが、同じように一喜一憂してしまうのです。

しかし、よくよく考えてみると、私たちの身の上に起こる「良いこと」と「悪いこと」というのは、捉え方次第ではどちらも同じ…つまり「表裏一体」なのではないでしょうか。

確かに、TOEICでスコアが落ちてしまった…ということは、ストレートに考えてみれば「悪いこと」です。ガッカリする方が普通ですね。

しかし、スコアが落ちたことで「よしもっと勉強するぞ!」という前向きな気持ちになれたのであれば、果たしてそれは「悪いこと」でしょうか。

また、英会話で言いたいことが言えなかったり、相手の英語が聴き取れなかったりすれば、確かに落ち込んでしまうのは当たり前です。

しかし、そのような失敗があるからこそ、自分の英語の弱点を知ることが出来るのであり、そこを前向きに捉えて適切に弱点を克服することが出来れば…、それは決して「悪いこと」ではないですよね^^

逆に、ある程度の英語がペラペラと話せるようになって嬉しくなり油断していると、スピーキング力もリスニング力もガクンと低下してしまうことがあります。

つまり「英語を話せるようになった!」という嬉しい気持ちがあった反面、それによって勉強を続けなくなってしまえば、それは決して「良いこと」ではなくなってしまうのです。

このように、世の中の物事はすべて「二面性」があります。「良い」と思ったことが、実はそうではなかったり、逆に「悪い」と思ったことがとても「良い」ことに転じたりするのです。

大切なことは、目先の結果に一喜一憂せず、良いことがあっても悪いことがあっても、常に「プラス」の方向に転じるように捉え、精進し続ける…ということなのではないでしょうか。

お互い、頑張りましょう!^^

追伸:

毎日本当に寒~いですが近日中に新しい教本の超HOTなキャンペーンを開始しますので、どうぞお楽しみに~^^

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ