ニシュナベシって何?

駅のホームで東洋系の外国人に声をかけられました。

「この電車はニシュナベシに行きますか?」

かなり訛りの強い英語で突然そう聞かれたのですが、さすがの私も
「ニシュナベシ」というのが聞き取れず、「What?」を連発してしまいました。

結局「ニシュナベシ」というのは「西船橋(にしふなばし)」のことだった
のですが、それがわかった時にはすでに遅し、電車のドアは閉じられて
しまいました。

その外国人も悔しそうにしていましたが、その前に「ニシュナベシ」は
ないだろう!って思いましたけどね。

で、ここからわかることが一つあります。

よく日本人の英語の発音は本当に悪いから外国でもほとんど通じないと
言われますが、結局私たち日本人の英語の発音というのは、この東洋系
外国人の「ニシュナベシ」と同じわけです。

本人は「Nishi-Funabashi」のつもりで発音しているのですが、それは
私たち日本人が知っている音である「Nishi-Funabashi」とは明らかに違う
んですね。

「ニシフナバシ」と「ニシュナベシ」

明らかに違うのに、強引に発音するから理解してもらえないわけです。

外国で英語が通じない~!と嘆いている日本人は、この「ニシュナベシ」
の外国人と同じことをやっているわけ。それで、通じない、通じないって
騒いでいる。

でも、それっておかしいと思いませんか。

とにかく、英語の発音が下手な人はまず音をよく聞くことに注意してみる
と良いでしょう。

I got it!を字面のまま「アイ・ゴット・イット」と発音してもそれは正しい
英語ではなく、単に英語に聞こえる日本語に過ぎません。

I got it!なら、アメリカ人であれば「ァガリッ!」って感じに聞こえる
はずです。

「ァガリッ!」って聞こえるなら、聞こえたままに発音する。

これ、当たり前の話ですよね。

でも、実際にはそれが出来ない人が本当に多い。

もう「どうして?」って思うほど、それが出来ない日本人が多いんです。

自分でも気づいているはずなのにね。

恥ずかしいからでしょうか?

とにかく、本当に通じる英語を話したいのであれば、そのような点に
注意し、恥ずかしがらず(通じない方が恥ずかしいと思うけど…)に
外国人になりきって「聞こえたままの発音」をする。

これが英語の発音を良くさせることの鉄則といえます。
ニシュナベシにならないよう、注意しましょう(^^)

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ