英語を話せる日本人の5つの大きな特徴とは?

どうすればあの人みたいに英語を話せるようになるのだろう?

どうすればあの人みたいに英語を聴き取れるようになるのだろう?

今、英語を一所懸命に勉強中の方は、既に英語をペラペラと話せる日本人のことを見て常にそんな疑問を抱いているものです。

私自身も英語をまったく話せなかった頃にはとにかく、自分とアイツ(既に英語を話せる日本人)の違いが何なのか、それだけがどうしても気になったものです。

今日は、そんな疑問を抱き続けているあなたに、既に英語を話せるようになった日本人と未だに英語を話せるようにならない日本人との大きな違いを5つご紹介します。

■ 英語を話せる日本人の5つの大きな特徴:

1.他人の英語表現を自分の表現に貪欲に取り入れる

あなたの周りに既に英語を話せるようになった日本人がいたら、彼らの英語をよーく聞いて分析してみて下さい。あれ、どこかで聞いたことがある表現が多いな…と感じられるかも知れません。

そうです、彼らの秘密は「他人の英語表現」を巧みにパクって(真似て)自分の表現にアレンジして再利用している所にあるのです。これはもう図々しいほど貪欲にやってみると良いですよ^^

2.ネイティブの発音を常に意識している

英語を話せる日本人にも発音が下手な人はたくさんいますが(それでも通じているのであれば問題はありませんが)、どうせならネイティブのようなカッコいい発音を覚えたいもの。

英語が上手な日本人は「発音」をすごく大事にします。中には自分の英語を録音して分析する人もたくさんいます。それぐらい徹底して自分の英語の発音とネイティブの発音の違いを比較し、常に正すようにすれば、必ず発音は改善するのです。

3.細かいことを気にし過ぎない

「発音」にはこだわるものの、英語を話せる日本人の多くは細かい文法上の間違いとか、ちょっとしたミスを気にしないものです。なぜなら、英会話はテンポ(スピード)が命だからです。

何か間違っているんじゃないか、こんなことを言って笑われるんじゃないか…?なんてオドオドしていると絶対に英語は上達しません。だから、常に堂々と、少しぐらいの間違いはどうってことない!という姿勢でドーンと構えていれば良いのです^^

4.常に好奇心旺盛である(インプットが好き)

英語が上手な日本人は常に好奇心のカタマリです。最新の映画、ドラマ、海外の情報、世界の話題や時事的なこと、流行などに非常に敏感です。

そうやって日頃からアンテナを立てていると英会話の際に話題に困ることはありませんし、話していても話題豊富な人は魅力的に感じますので多くの場合、外国人にも好意をもたれるのです。

5.とにかく喋る(アウトプットが好き)

そして最後、これが決定打ですね^^英語を上手に話せる日本人は、何も英語だけが上手というわけではなく、会話(お喋り)自体が大好きなのです。

だから、常にベラベラ、ベラベラ話しています。そうやって他の人とコミュニケーションしたり、自分の考えていることや思っていることを相手に伝えたい!表現したい!と感じられるのが一つの適性なんですね。

上記を参考に、来年はぜひペラペラ・ペラリンコのバイリンガル日本人に変身して頂きたいと思います^^

追伸:

そういう意味では、来年1年間じっくり英語を勉強するには最適なプログラムと言えます。しかもクリスマス・キャンペーンで【半額】ですから!今すぐお申込み下さいね【14名限定】

↓↓↓
http://www.loftypub.com/eslcc2013/

 

eslcc1

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2013年12月23日 | コメント/トラックバック(0)|

カテゴリー:英会話上達

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ