彼らはどのようにして聴き取れるようになったのか?

私は現在、3つのメール講座を運営しています。そのうちの一つ、「洋画や海外ドラマを使った聴解ワーク」講座では、10月から受講を始められたスターティング・メンバーのうち、数名から「英語がクリアに聴き取れるようになりました」という嬉しい報告を受けています。

確かに、この聴解ワーク講座では、英語学習者向けの「作られた英語音声」ではなく、ネイティブ・スピーカーが英語圏の日常生活で使っている「生の英語」を聴き取り、そのまま丸ごと表現を覚えていく…という理想的なワークを実践しているため、このような結果が出るのも当然の話なのです。

では、どのようにして彼らは、英語を聴き取ることが出来るようになったのでしょうか?

その答えは、彼らが英文法などを気にせず、耳から入ってくる英語をそのまま、素直に丸ごと受け取るようにした…という所にあります。

日本人が英語をなかなか聴き取れるようにならない理由の一つとして、「頭で(理論で)英語を捉えようとしてしまう」という傾向が挙げられます。

つまり、耳に入ってきた英語を、まるで英文を精読するように、一字一句頭の中で繰り返し、英文法に照らし合わせて理解しようとしてしまうということです。

これは、英語学習者向けに作られた英会話教材に付属しているような、簡単な英語の音声であれば、そのような聴き取り方でもいくらかは対応出来るかも知れません。

しかし、洋画や海外ドラマなどの、ネイティブ向けの生の英語となると、そのような聴き取り方は一切通用しなくなります。まず、スピードについていけなくなるからです。

ではどうすれば良いのでしょうか?

その答えは、まさに冒頭でも書いた通り、私の講座の受講生が「文法などを気にせず、耳から入ってくる英語をそのまま、素直に丸ごと受け取るようにしている」という所にあるのです。

もっと具体的に言えば、慣用的な英語の表現(これをラインとかパーツ、フォームと言いますが)を、必要以上に分解せず、意味のまとまりのまま丸ごと捉えていくということです。

中には文法的に矛盾している表現もたくさんあります。「え!なんで?」という表現もたくさんあるのです。しかし、そんな細かいことをいちいち気にしない。ネイティブがそう喋っているのであれば、もう「そのまま、丸ごと」受け入れてしまう。

それが、リスニング力アップの秘訣と言えます。そして、そのようなアプローチを学ぶことが出来るのが、この「洋画・海外ドラマを使って楽しく聴解ワーク」講座ということなのです^^

追伸:

募集はあと1日。残り3名のみで受付をすべて締め切らせて頂きます!英語のリスニング力をアップさせたい方は特におススメの講座ですので、今すぐお申込み下さいね!^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-english/

 

■「英語英会話実践マニュアル教本」のご案内 ■

渡邉の最新教本では、あなたが英語を話したり、聴き取ったり、或いは読んだり、書いたりする上で、まず最初に必ず知っておくべき「英語の習得方法」を詳しくご紹介しています。

具体的なトレーニング内容はもちろん、英語を話すことが出来ない人が、「何を」「どうすれば」英語を話したり、聴き取ったり出来るようになるのか、その方法・手順をすべて知ることが出来ます。

これから英語の勉強を本格的に開始するという方、またはこれまで勉強してきたが一向に英語力が身につかないという方は、まずここから始めてみて下さい。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ