何も考えずにパッと英語を口から出せるようになるには

英語をペラペラ話せる日本人と、そうでない日本人の間には色々な違いがあります。

そのうち、一番の大きな違いは…

「無意識で英語が口から出てくるか、出てこないか」

という違いです。

 

ある程度英語に自信が出てきた人でも

英会話の時に「エート、〇〇は英語で何て言えばいいんだっけ…?」なんて、

考えながら話している人は結構多いですよね。

 

「エーと…」「ウーンと…」なんて、

眉間にしわを寄せて、それこそ脳ミソをふり絞って英語の表現を考えているようでは、

まだまだペラペラ・バイリンガルの道は遠いです。

 

では、どうすれば何も考えずに英語をペラッと

口に出すことが出来るようになるのでしょうか?

実は、その鍵は「無意識」にあります。

 

通常、人は何か作業する際、慣れていないことであれば

注意深く頭で考えながら行動に移しますよね。

英語も、わからなければ頭でよく考えて話したり、聴き取ってしまうものです。

 

英会話の際に、頭の中で一所懸命に話すことを考えながら英語を口に出す状態というのは、

要するにまだ「英語に慣れていない」状態と言えるわけですね。

 

一方、英語をペラペラと話せる人というのは、既に英語の表現に慣れ切っている状態、

すなわち、英語が「無意識下」にしっかりと組み込まれている状態にあるのです。

 

この「無意識に落とし込む」ことが、英会話上達の最終的なゴールといっても

過言ではありません。

無意識下に落とし込むことが出来れば、何も考えずにペラペラと英語を

口から出すことが出来るようになるのです。

 

では、どうすれば英語を「無意識下」に落とし込むことが出来るのでしょうか?

実は、その方法はあまりにも簡単でシンプルです^^

 

そうです、「繰り返す」のです。

どんなことでも「繰り返す」ことで慣れることが出来ます。

あなたも経験があることでしょう。

 

キーボードのブラインドタッチも、車の運転も、

すべて「繰り返し(反復)」によって、

無意識下に落とし込むことが出来るようになります。

 

それは英語であっても同じこと。

ネイティブが普段の英会話で使っている生の英語のラインやパーツ、フォームを

どんどん抽出して、それをひたすら繰り返して自分のモノにしていく。

 

たったそれだけのことで、英語を自然に、

無意識で、何も考えずにペラペラと話せるようになるというわけです。

これは、英語を話せるようになった日本人なら、誰でも知っていることです。

 

追伸:

新講座の特典でついてくる Anki ソフトの使い方マニュアルでは、英単語だけでなく、

講座で紹介する生の英語のライン、パーツ、フォームを「反復して覚える」方法を詳しく

解説しています。

ついに残り【11名】となりましたので、今すぐに以下の特設ページを確認しておいて

下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-english/

 

■「英語英会話実践マニュアル教本」のご案内 ■

渡邉の最新教本では、あなたが英語を話したり、聴き取ったり、或いは読んだり、書いたりする上で、まず最初に必ず知っておくべき「英語の習得方法」を詳しくご紹介しています。

具体的なトレーニング内容はもちろん、英語を話すことが出来ない人が、「何を」「どうすれば」英語を話したり、聴き取ったり出来るようになるのか、その方法・手順をすべて知ることが出来ます。

これから英語の勉強を本格的に開始するという方、またはこれまで勉強してきたが一向に英語力が身につかないという方は、まずここから始めてみて下さい。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ