教科書・参考書の英語では太刀打ちできないワケ

学校の英語の成績は良くても英語を話せない、聴き取れない…という人はとても多いです。

一方で、いわゆる教科書的な知識はサッパリで、発音なんかもブロークンだけれど、外国人と対等にコミュニケート出来るという人がいます。

私の知り合いにも、かつて歩く文法書・辞書と呼ばれた人がいました^^ 単語も英文法も、その人に聞けば全て知っているのです。

しかし意外だったのは、その人が訛りの強い英語をまったく聴き取れないことでした。つまり、教科書的な発音であれば良いのですが、それ以外の「非標準」の英語になると完全にお手上げになってしまうのです。

英語であっても、アメリカ英語に慣れていればイギリス英語がとても理解し辛く感じますし、その逆も然り。標準的な英語なら何とか理解出来るけれど、訛りのキツイ英語はムリ!という人も多いでしょう。

では、どうすれば良いのでしょうか?

その答えは簡単で、教科書的な英語の勉強はほどほどにして、基礎知識だけ頭に入れたらすぐに実践の英語の世界に入り、さまざまな種類の英語のシャワーを浴びまくることです。

例えば発音記号などを細かく勉強する人がいますが、ハッキリ言ってしまえば、アメリカ国内であっても地域によって発音の仕方は大きく異なります(日本に方言があるのと同じですね)。

つまり、そんなものを一つ二つ厳密に覚え込んだところで、実際の英語の世界で非標準の英語にちょっとでも出会ったら、もうそこでアウト!ということなんです。

だから、教科書的な知識の詰め込みはほどほどにして、後はとにかく実践の英語に触れまくり、実際に使われている英語の発音を知ることが最も重要と言えます。

多くの日本人は「受験英語」の呪縛から逃れられずどうしても「教科書至上主義」に陥りがちです。しかし、常に優先すべきは【実際に使われている生の英語】であることを忘れないようにしましょう^^

 

追伸:

それでは、出来るだけ多くの【実際に使われている生の英語】に触れるにはどうすれば良いでしょうか?

その答えは「洋画・海外ドラマを使った聴解ワーク」講座にあります。残り14名!今すぐ詳細を確認してみて下さい:

↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-english/

 

■「英語英会話実践マニュアル教本」のご案内 ■

渡邉の最新教本では、あなたが英語を話したり、聴き取ったり、或いは読んだり、書いたりする上で、まず最初に必ず知っておくべき「英語の習得方法」を詳しくご紹介しています。

具体的なトレーニング内容はもちろん、英語を話すことが出来ない人が、「何を」「どうすれば」英語を話したり、聴き取ったり出来るようになるのか、その方法・手順をすべて知ることが出来ます。

これから英語の勉強を本格的に開始するという方、またはこれまで勉強してきたが一向に英語力が身につかないという方は、まずここから始めてみて下さい。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ