話せている!聴き取れている!という言葉の持つパワー

最近、つくづく感じることがあります。 それは私たちが日常、口にする「言葉」が 持つパワー、力のことです。

古来、「言霊」と言われるように、 私たちが口に出す言葉には大きな力が宿って います。それは良い意味でも、悪い意味でも。

ちょっと前に忙し過ぎてメルマガを休刊する前、 私は口癖のように「忙し過ぎる」「疲れた」「これじゃ倒れちゃう…」といった泣き言を 口にした時期がありました。

すると、その言葉の通り、私はどんどん忙しくなり、 疲労から体調を崩してしまったのです。 しかし、そんな時ふとしたことがきっかけで、 「いけない、こんなネガティブな言葉を口にし続けていたら、良い影響があるわけない」 と思い、そのような言葉を口にするのを止めました。

その結果、どうにもならなかった多忙な状況が少しずつ改善してきて、元気を取り戻すことが出来るようになったのです^^

「そんな、言葉ぐらいでオーバーな!」と思われるかもしれません。しかし、昔の人が「言霊」と言ったように、私たちが普段使っている言葉には とても大きな力が宿っているのです。

例えば英語の学習においても、英語を少しでも話せたり、聴き取れたりした時に「おお!こんなに話せた、 聴き取れた!」とプラスの方向で言葉を発せる人は100%英語が上達します。

しかし一方で「これしか話せない、聴き取れない…」と自分を卑下したり、マイナスな気持ちになるような発言を繰り返す人は、これまた100%英語が上達しません。これは本当の話なんです。

だから、もしあなたが英語を話したり、聴き取ったりする機会があって、少しでもあなたの英語が通じたり、聴き取れたりしたら、どうか自分自身を褒めてあげて下さい^^

「おお、こんなに通じた!聴き取れた!」と祝福するのです。そのような方向性で英語と接することが出来れば、必ず英語は話せるようになります。楽しく、わくわくする気持ちを忘れずに、いつも笑いながら英語の勉強を進めてみて下さい!

 

追伸:

洋画・海外ドラマを使った聴解ワークの募集は残り半数となりました。気になっている方はぜひこの機会にお申込み下さい^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/movie-english/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ