英語と関わらざるを得ない状況に身を置くと良いんです

どうしても英語の勉強が長続きしません…という切実な悩みのご相談をよく頂きます。

確かに、最初は「やろう!」と意気込んでも、徐々にやる気がなくなったり、色々と忙しかったりすると、なかなか長続きしないものですね。

それは「英語の習得」だけに限らず、例えばダイエットでも、他の習い事でも言えることです(私も自慢ではありませんが、ダイエットしようと決心して、それが長い間続いた試しがありません^^;)

そもそも、一つのことを長続きさせるというのは余程のことが無い限り、普通の人間には難しいことなのです。

しかし、そう言ってしまっては元も子もありませんので、今日は英語の勉強を長続きさせて、必ず結果を出せるようになる強力なコツを一つ伝授したいと思います。

まず、これはどんなことにも言えるのですが、人は「逃げ道」があると絶対にダメです。「逃げ道」があると、どんなに決心が堅くても途中で挫折する可能性が出てくる。

だから、まず「逃げ道」を排除して下さい。そのためには自分を追い込む必要があります。もう「やらざるを得ない状況」に身を置くということですね。

また、その前段階として、とにかく「英語と関わる状況」を強制的に作り出すと良いのです。

例えば、私は元々英語が大キライで、普通に考えたら通訳や翻訳の仕事なんて絶対に考えられなかったのですが^^; 、結果的に私は通訳者・翻訳者になってしまいました。

これは当時、私がアメリカ留学から帰国した際に就職先がなかったことに原因があります。つまり、嫌でもやるしかなかった。それが功を奏したということです。

前にも話したことがありますが、貧しい国から日本に出稼ぎに来ている外国人を見て下さい。短期間で日本語をしっかりと覚えて話せるようになっていますね。

結局そういうことなんです。英語を勉強しないと仕事がなくなる。食べて行くことが出来なくなる…そんなレベルまで自分を追い込むことが出来れば、どんな人でも1週間で英語を話すようになるでしょう。

だから、重要なことは、あなた自身を「英語と関わらざるを得ない状況に置く」ということ。そして、決して逃げ道を作らないことです。そうやって、少しずつでも構わないので、英語と関わっていくと世界が開けてきます。

ガンバって下さい^^

 

追伸:

「洋画・海外ドラマで楽しく聴解ワーク」講座、30名限定で募集開始しました!

早い者勝ちです。今すぐお申込み下さい^^

↓↓↓

http://www.loftypub.com/movie-english/

 

■「英語英会話実践マニュアル教本」のご案内 ■

渡邉の最新教本では、あなたが英語を話したり、聴き取ったり、或いは読んだり、書いたりする上で、まず最初に必ず知っておくべき「英語の習得方法」を詳しくご紹介しています。

具体的なトレーニング内容はもちろん、英語を話すことが出来ない人が、「何を」「どうすれば」英語を話したり、聴き取ったり出来るようになるのか、その方法・手順をすべて知ることが出来ます。

これから英語の勉強を本格的に開始するという方、またはこれまで勉強してきたが一向に英語力が身につかないという方は、まずここから始めてみて下さい。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ