英語はシンプル主義だ!

さて、今日は「シンプル主義」のお話。

え、シンプル主義って何かって?

シンプル主義というのは、その名の通り「物事を複雑に捉えず簡単かつ単純
に対処する」主義のことです。

実は、このシンプル主義というのが英語の習得においてはとても重要なんです。

日本人って神経質であれこれ細かく考える人が多いですよね。
これは国民性だから仕方ないかもしれません。

ただ、あまりに神経質になり過ぎているとなかなかスムースに事が運ばない
ことがあります。

英会話の上達や英語の勉強においてもそれが言えるのです。

例えば、前にも書いたことがありますが、ネイティブの日常会話ってたった
300語程度のボキャブラリーで構成されているんですね。

しかし、英語を話せない日本人に限って何百何千の単語を暗記しようとしたり
それを自慢げに話したりする人がいる。

たった300語で日常会話には事足りるのに、何千語知っていてもなかなか
話せないなんておかしいと思いませんか?

結局、効率が悪いわけですね。つまり、必要のない難しい単語まで知ろう
としているわけ。

そこでシンプル主義というのが出てくるのですが。

例えば論文なんかで、とにかく書いてある研究内容は大したことないのに、
それを難しい言い回しとウンチクを使ってでやたらと冗長にしているのを
よく目にします。本当に良い論文というのは、簡単な内容を難しく見せる
ことではなく、難しい内容を分かりやすく論じるべきものだと思うのです。

論文だけではありません。難しい外来語をやたら使う傾向ってあるでしょう。
政治家とかいわゆる文化人だとかが、わざわざ自分の知識をひけらかすために
外来語を使うんです。

コンファレンスなんて会議って言えばよっぽど短くて簡単なのに、「自分は
英語を知っているんですよ、博学なんですよ」ということを知らしめるために
わざわざ使うわけです。それで、そんな人に限って英語なんて話せない(^^;

実は、英語の上達が早い人はとても効率が良いんです。

当然、上記のようにわざわざ難しい言い回しを使ったり、必要もない単語
を何千個も暗記したりしません。

なるべくシンプルに、それでいて英語「らしく」聞かせる術を知っている
んですね。いかに少ないボキャブラリーで、ネイティブのように流暢な
かっこいい(自然な)英語を話せるか、そのノウハウがわかっているわけ
です。

逆に言うと、こういうシンプル主義を知らないから多くの日本人は無駄な
ボキャブラリーを増やし、単なる自己満足に過ぎないのに文法書の端から
端までを暗記しようと躍起になっている。

そんなアプローチでは何十年かかっても英語なんて話せるようにならない
んですよ。本当に時間がもったいないです。

どうか、あなたもシンプル主義で英語をマスターしてみて下さい!

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ