あなたは見知らぬ人と「ざっくばらん」に話せますか?

「ざっくばらん」って、何だかすごい語ですが^^

goo 辞書によると…「遠慮がなく率直なさま。

もったいぶったところがなく、素直に心情を表すさま」

ということです。

 

 

まぁ、要するに心を開けっ広げにして、

壁を作らずに素の自分を出すことを意味するわけですが、

あなたは見ず知らずの人と「ざっくばらんに」

話すことが出来るでしょうか?

 

 

これまでに何度も英語を話せるようになる秘訣を

お話してきたわけですが、今日の話はとても大事です。

メンタリティの話か…なんて侮ってはいけません^^

 

 

英語を話す上で、ボキャブラリーや英文法といった

教科書的な知識はもちろん大切ですが、例えば

TOEIC(R)テストで900点以上取っている人であっても、

満足に英語を話せる人はとても少ないのです。

 

 

それは何故かと言うと、

この「他人とざっくばらんに話せる日本人」の

絶対数というのが非常に少ないからです。

 

 

英文法のウンチクとか、難しい英単語のスペルとか、

そんな細かい知識はたくさん知っているけれども、

見知らぬ人が相手だと人見知りしてしまう…なんて

人は問題です。

 

 

そもそも「人見知り」なんてのは、

赤ちゃんや幼児、いいとこ小学生くらいの子供に

使う言葉で、大の大人が「人見知りで…」なんて

言っているのは少し幼いような気がします。

 

 

少しでも海外で生活したことがある人なら

わかると思いますが、外国人(一括りに言うのも

変ですが、いわゆる欧米人)というのは

開けっ広げな性格の人が多いです。

 

 

誰とでも、まるで昔からの知り合いのように

話し始めることが出来るのです。そういう点は

非常に「大人」だなぁと感じますし、素直に

カッコいいとも思いますね。

 

 

見知らぬ人には遠慮して話せない…という

日本人はとても多いのですが、実はこれが

日本人が英語を話せない一つの大きな理由と

断言出来ます。

 

 

これを克服するためには、日頃から知らない人

であっても目が合えばきちんと挨拶をしたり、

ニコッと笑顔で世間話の一つでもしたり、

自分の方から心を開いて話しかけるようにして

みると良いです。

 

 

これは英単語や英文法のように、直接「英語」に

関わる知識とは関係がない話のように聞こえますが、

実際には一番大事な「英語を話すメンタリティ」の

お話なんです。とっても大切なことなので、

どうか忘れないで下さいね^^

 

 

追伸:

「英語を話すメンタリティ」について、

もっと知りたければぜひこの教本を読んでみて

下さい。「もっと早く読んでおけば良かった…」

と多くの読者が後悔しています。

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

 

 

 

■ 自宅でESL! バーチャル留学メール講座(10/21タレコミ情報)

 

今日は ESL のインストラクターによる自己紹介音声を

聴き取り、内容に関する「正誤」を選ぶ true or false

questions エクササイズを実践しました。

 

日本にいながら本場の英語学校の勉強・トレーニング

内容を体験出来る唯一のメール講座です!

今なら先着100名限定で、お申し込み頂いた受講期間と

同じ期間「ラインマスター毎日英語塾」を無料で受講

頂ける特別キャンペーンを実施中。これはお得^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ