どうすれば堂々と自信をもって英語を話せるのか?

日本人の多くは英語を話す時にどうしても慌ててしまったり、落ち着きがなくなったりしがちです。中には緊張で震えたり、声が上ずったりしてしまう人もいます。

なぜ、このように日本人は英語を話す時になると平常心を失い、何だかとってもオドオドして自信がない感じになってしまうのでしょうか?

しかし、同じ日本人であっても中には上記のように自信を失う感じではなく、相手が外国人であっても落ち着いて、堂々と、対等に話をすることが出来る人がいます。この違いは一体どこから来るものでしょうか?

実は、それは人が持つ「セルフイメージ」に違いがあります。

一般に、英語を堂々と話せる人というのはセルフイメージがとても高いです。セルフイメージと言うのは、人が自身に対して持つイメージのことですね。

これが高い人は自信に溢れ、常に堂々としています。これは英語でも日本語でも関係なく、その人の言動や行動に大きく影響するのです。

一方、自分に対するセルフイメージが低い人は「どうせ私なんかダメだ」「私に出来るわけがない」と、自虐的になりがちです。すると、外国人を前にした時に、アワワ…と慌てたり緊張のあまり震え出してしまったりするのです。

では、どのようにすればセルフイメージを高めることが出来るのでしょうか? そのためには、あなたがこれまでに体験した「自分ってステキだ!」と思える瞬間の感情にフォーカスすると良いです。

例えば、自己啓発で有名なジグ・ジグラーはその著書「ポジティブ思考」内でこう書いています。

『私の友人で同僚だった女性がこう言っていた。美容院から出てきた女性は「誇らしげに歩く」と。』

要はこの感覚ですね。美容院できれいに髪をセットしてもらった直後の自信とか優越感。または他人に褒められた時の恍惚感。何かをやり遂げた時の達成感、満足感、充実感。

このような、自尊心をくすぐられるような体験を思い出し、「自分ってスゴイ!」という部分にフォーカス出来れば、あなたのセルフイメージは健全に高められるのです。

英語を話す時は、常に「自分ってスゴイ!」「自分って最高!」と思うようにすると良いわけです。実はコレ、とーっても重要なお話ですので、ぜひしっかりと覚えておいて下さいね^^

 

追伸:

健全なセルフイメージの確立によって、あなたは自信をもって、堂々と英語を話せるようになります。この話、もっと詳しく知りたければぜひ、この教本の48ページ目以降を読んでみて下さい!目からウロコが落ちること間違いなしです:

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL!バーチャル留学メール講座(10/2)タレコミ情報

今日は Reading の Comprehension エクササイズを行いました。日本のコンビニの営業時間短縮に関する英文記事を読み、読解クイズに挑戦しました^^

日本にいながら本場の英語学校の勉強・トレーニング内容を体験出来る唯一のメール講座です!今なら先着100名限定で、お申し込み頂いた受講期間と同じ期間「ラインマスター毎日英語塾」を無料で受講頂ける特別キャンペーンを実施中。これはお得^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

esl10_2

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ