人間ディズニーランドになれ

今日のお話は「英会話が上達しやすい人の態度」についてです。

これまで、英語が上手な人の特徴なんかをよく説明してきました。

そんな中、特に重要なのが英語習得に対する「態度」なんですね。
この「態度」という言葉は「姿勢」といっても良いかも知れません。

要するに、英語の上達が早い人はどのような態度、姿勢で英語学習に臨んで
いるのか、というお話です。

前にこのメルマガでもちょっと触れたことがあると思いますが、英語の上達
が早い人は特に「積極的」で「好奇心旺盛」な人が多いようです。

この「積極的」というのは、例えば英語の学習で言えば、色々な教材や手段
を積極的に取り入れて、どんどん英語力を伸ばそうとする姿勢があるという
ことです。

また、実践の英会話でも「積極的」に外国人と向かい合い、果敢に英語を
話そうとする姿勢があります。すごくポジティブなんですよね。
間違ったらどうしよう…なんて考えない。

「好奇心旺盛」というのは、さまざまなことに興味や関心が向いているという
ことです。英会話に関しても、色々なことを試し、自分のものにしていこう
という態度や姿勢があるんですね。

こういう人が、実際に英語の上達が早いんです。
今回私がお話したいもう一つの態度、姿勢というのは、「徹底主義」という
ものです。

「徹底主義」、つまり完全じゃないと気がすまないという考え方ですね。

色んなことにいい加減な人も多いと思いますが、実はこの「徹底主義」が
英会話上達においてはとてもとても、とっても大事です(^^)
話が随分変わりますが、皆さんご存知の東京ディズニーランド。

開園してから20年以上経ちますが、いまだに人気が衰えるどころか、誰もが
必ず行きたいと答えるレジャースポットの王様ですよね。

なぜ、多くの地方の遊園地が寂れて廃園に追い込まれているというのに、
東京ディズニーランドだけが人気を独占しているのでしょうか。

はい、実はここに先ほど言った「徹底主義」というのがあるんですね。

ディズニーランドって、いわば徹底主義のかたまりのようなものです。

一度足を踏み入れば、そこは夢の世界。

紙くず一つ落とせば、すぐにスタッフが飛んできて清掃してくれますし、
みんなニコニコして子供に手を振ってくれます。

そのように徹底した「夢の世界構築」の演出で、訪れた人は子供であれ
大人であれ、心からこの夢の世界に感情移入することが出来、現実をしばし
忘れてハシャギ回ることが出来るわけです。

一方、旧来の日本の遊園地はどうでしょうか?

ゴミくずがたくさん落ちていたり、清掃が行き届いていなかったり、センス
の悪い歌謡曲が大音量で流れていたり、スタッフの対応が感じ悪かったり…

そんな所が多いのではないでしょうか。

つまり、「夢の世界構築」という演出を徹底していないから、至る所に現実
があらわになっていて、心底楽しむことが出来ないんです。

逆に行けば不快になるような所にわざわざお金を払って行く人はいません。
話が英会話上達から随分離れてしまいましたが…。

実は、この「徹底主義」というのが非常に大切なんですね。

英会話の習得で言えば、例えば発音。

これはいつも言っていますが、明らかに間違っていると自覚しているにも
関わらず、会話が通じるからと言っていつまでも日本人的発音を矯正しない
人。「徹底」していませんよね。

それから、相手の言っている英語がわからないのに「わかったふり」をする
人。これも「徹底」していませんよね。日本人には特に多いですよ~。

一番悪いのは、自分の英語が間違っているかどうかさえ確認しようとしない
人。これは「徹底」しているとかいないという問題以前の話です。

英語の上達が早い人、やけに英会話が上手い人というのは「徹底」している
人が多いんです。かなり「徹底的に」英語をマスターしようとしている。

いわば「人間ディズニーランド」ですか?(^^;

そういう人は自分の発音に常に注意を向けています。少しでもおかしいと
感じれば徹底的に矯正しようとします。

相手の言っていることがわからなければ、正直にわかるまで聞き返します。
決して「わかったふり」をしないのです。(耳が痛い人、多いでしょう?)

そして、常に自分の英語に磨きをかけることに努力を惜しみません。
常に新しいことを学ぼうとし、新しい知識を得ることに余念がありません。
すべてが「徹底的」なのです。完全主義なのです。

いかがでしょうか?

どうかこれを読まれている皆さんも、ディズニーランドのような徹底さで
英会話を習得して頂きたいと思います。

私が書いた最新裏ワザ満載の英語習得法はこちら
↓↓↓
http://www.loftypub.com/trkr/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ