英会話で沈黙を回避するエビフライ式会話術とは?

英語が上手な日本人を見ていると、本当にペラペラ~ッ!と楽しそうに話していますよね。まさに水を得た魚のようです。

そんなバイリンガルたちは、英語を話せない人が「えーっと、これって英語で何て言うんだっけ?」なんてブツブツ考えている間にどんどん、色々なことを口にして喋り続けています。

それはもう機関銃のように途切れることなく、ペラペラペラペラ…と、英語を話し続けるのです。英語を話せない人からすれば、神様のように感じるかも知れませんね。

実は、英語を話す上での重要なコツの一つとして「決して沈黙しない」という秘訣が挙げられます。

こんなことを書くと「沈黙するなって言われても、英語が話せないんだから仕方ないじゃないか!」なんて声が聞こえてきそうですが^^ まぁ、まずは話を聞いて下さい。

これはネイティブ・スピーカーや英語が得意な日本人を見ていればわかることですが、彼らが英語を話している時、常に何か喋り続けているんですね。とにかく「沈黙」「間」を作らない感じと言えばわかりやすいでしょうか。

一方で、英語の苦手な日本人は、どうしても「沈黙」や「間」をあけてしまいがちです。英語が話せないから…といえばそれまでなのですが、これが、英会話を不自然にしている一番の原因とも言えます。

例えば、英語の得意な人は、以下のようなパーツや間投詞を会話中によく使います:

You know

You see

Well

It was like…

I was like…

kinda … (kind of…)

something like that

like that kind of thing (stuff)

kinda like …

just like …

I think …

That’s why …

I just feel like …

あなたも上記のような表現を耳にしたことはないでしょうか。実は、こんなのは口癖と同じようなもので、日本語で言えば

「えーと…」

「あのねー」

「そうねー」

「…みたいな」

「っていうか」

「…的な」

「そんな感じ」

「まぁねー」

等々の本当に意味のない言葉なんですね。

が、英語が上手な人は、このような意味のないパーツや間投詞的な表現を常に口にしています。だから、沈黙が起こり辛いのです。大した意味はないんだけれど、常に必要以上に「音」を出している感じ^^

はっきり言えば、コミュニケーションにおける重要な「身」の部分はそれほど無いんですよ^^; それにどうでも良い「衣(ころも)」がたくさんくっついているイメージです。まさに安物のエビフライっすね(笑)

で、今日のタイトル「エビフライ式」会話術という話になるわけですが(強引と言わないで^^;)、これをマスターすると本当に大したことを話していなくても英語をベラベラと話している感じに聞こえます。

実際、ネイティブ・スピーカーの英語は大半がこのような意味のない「衣(ころも)」によって嵩上げされていることが多いのです。特に親しい仲間どうしのラフな会話では多い傾向があります。

あなたも、もし自分の英語が途切れがちであったり、「沈黙」や「間」が長くなりがちであれば、こんな「衣(ころも)」をつけて英語を嵩上げしてみると良いです^^ それだけで自然な感じになるからです。

 

追伸:

英語を話せる日本人というのは、英語を話せない日本人が知らないことを裏でコッソリと実践しています。

では、英語を話せない日本人はどうすれば英語を話せるようになるでしょうか?

答えは簡単ですね。

既に英語を話せるようになった日本人が裏でひそかに「実践している内容」をそのまま真似て実践すれば良いだけです。

では、その「実践している内容」はどこで知ることが出来るのでしょうか?

これも簡単ですね^^

ここにあります↓↓↓

* 郵送版は在庫僅かです。なくなり次第販売終了。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(9/24)タレコミ情報

今日は火曜日ということで、リスニングの練習を実践しました。エミー賞でプレゼンターを務めたコメディアンのウィル・フェレルが三人の息子たちを舞台に連れてきた際の爆笑コメントを視聴しました^^ 明日は TOEIC(R)テスト対策をお送りする予定です。

あなたも今すぐ参加しませんか?何と言っても英語力が本当に身に付くと評判ですし、今なら【10日間の無料おためしキャンペーン】実施中!チャンスです^^(月謝もかなり安いですしね)

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ