英語を勉強していない人ほどペラペラになる理由とは?

最近、よく留学時代のことを思い出します。よくもまぁ、私のような英語の落ちこぼれが アメリカなんぞに行ったなーと、ホントに思います^^;

そういえば、留学するにあたって、高校時代の成績表を英語に翻訳にしてもらう必要があり、母校の英語科職員室に取り行った時のこと…。

「ワタナベくん、アメリカへ留学するんだって!?おいおい、大丈夫かい。先生は心配だよ。まぁ、せいぜい頑張ってくれたまい。ワハハハハハ!」

…と大笑いされたのを忘れません(少し脚色してますが^^;)

しかし、まぁこれも「やったもん勝ち」でして、何だかんだで英語の海に飛び込んだら、あとは勝手に英語力なんか身についてしまいましたからね^^ 当時の英語の先公ザマーミロ!Oops excuse my rude language;-)

アメリカへ行ってからも、面白い傾向がありまして、日本人の留学生も二通りあるんです。一つは、いかにも英語の勉強が得意そうな感じの学生。もう一つは、英文法の「え」の字さえわからない、英語の落ちこぼれタイプ。もちろん私は後者のタイプ。

で、4年間もいると色々と変化があるわけですが、当初まったく英語を話せなかった落ちこぼれタイプの方が、意外と流暢で自然な英語を話せるようになるものなんです。これは本当に不思議。

元々英語が得意なタイプは、最初からそこそこの英語は話せるのですが、その後に劇的な変化はないんですね。何と言うか、発音も妙に日本人的で、単語も文法もよく知っているんだけれど、表現が不自然な感じと言ったら良いでしょうか。

一方の落ちこぼれタイプ、すなわち英語の勉強が苦手なタイプの人というのは、教科書的な知識よりも実際の英語の表現だとか、ネイティブの発音だとかを、そのまま素直に取り込むわけです。そこで難しい理論や理屈は考えないし、考えられない^^;

言ってみれば、幼児が言葉を覚える時のように、理論・理屈を一切考えず、そのまま丸ごと覚えてしまうんですね。だから、やけにネイティブっぽい自然な英語を話せるようになるのです。

もちろん、元々英語が得意なタイプの人がダメと言っているわけではありません。ただ、英語の勉強に苦手意識を持たれている方であっても、実際にはネイティブに近い、自然な英語を話せるようになるということを知って頂きたいのです。

これはもう私自身が身を持って証明していますので、どうか安心して、何も考えずに英語を身につけて下さい^^ あれこれ面倒臭いことを考える必要はまったくないということです。

 

追伸:

今、まったく英語を話せない、聴き取れない!という日本人は一体何から勉強すれば良いのか?実際に英語を話せるようになった日本人は一体どんな勉強を実践しているのか?

日本人であっても英語を自由自在に扱うためにあなたが今すぐにすべきことを全て具体的にご紹介しているのがこの教本です。

* 郵送版は在庫僅かです。なくなり次第販売終了。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(9/19)タレコミ情報

今日は木曜日でしたのでリーディングの練習としてYahoo! News からコロラド州ボルダ―での洪水被害に関する英文記事を読んでみました。明日は、実際に「ライン」を書くライティング実践講座をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?何と言っても英語力が本当に身に付くと評判ですし、今なら【10日間の無料おためしキャンペーン】実施中!チャンスです^^(月謝もかなり安いですしね)

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ