なぜスピーキング力を磨くと英語の聴解力がアップするのか?

英会話が目的でも、TOEIC が目的でも、英語を聴き取ること、すなわちリスニングのトレーニングというのは大切ですね。

多くの英語学習者が、何とかして英語を聴き取れるようになろうと必死になってリスニングの練習をしています。

しかし、自分主体のスピーキング力と異なり、相手主体のリスニング力というのはなかなか身につけるのが難しいものです。上達を実感するまでに時間がかかるのもリスニング力の特徴と言えます。

そんな手強いリスニング力ですが、意外と知られていないのがスピーキング力」を磨くと自然とリスニング力もアップするという傾向です。

スピーキング力というのは、要するに英語を話すことですから、慣用的な英語の表現をとにかくたくさん覚えることが鍵となりますね。

つまり、いつもお話している「ライン・パーツ」や「ライン・フォーム」をどんどん頭に入れて自分専用の英語表現のボキャブラリーを増やすことが、スピーキング力を身につける上では最も重要なアプローチと言えます。

ところがこれらの英語表現は、もちろん英語を話す時にも力を発揮しますが、実を言うと、リスニングの際にも大きな役割を担うことになります。

それは何故かと言うと、結局のところ、英語を聴き取ること、つまりリスニングにおいてあなたが理解出来る内容というのは、あなたが既に知っている英語表現に限られるから、です。

もっと言えば、あなたが知らない英語表現は何十回繰り返して聞いても理解することは出来ないんですね。これは純粋な聴き取り能力の問題ではなく、あなたのボキャブラリーの問題というわけです。

ここで、ボキャブラリーと書きましたが、あなたが知っておくべきボキャブラリーは、英単語だけではありません。個々の英単語ではなく、もっと大きな単位での英語の慣用的な語句、表現を優先的に覚えておくべきなのです。

それらを「ライン・パーツ」「ライン・フォーム」等と呼んでいますが、英語のパーツやフォームを集中的に身につけることで驚くほどスピーキング力・リスニング力を上達させることが出来ます。

もしあなたがリスニング力の上達で悩んでいらっしゃるのであれば、ぜひこの機会に「ラインマスター式」で英語を勉強してみて下さい。特に英会話力を身につける上では最強の力を発揮するメソッドと言えます^^

追伸:

今、まったく英語を話せない、聴き取れない!という日本人は一体何から勉強すれば良いのか?実際に英語を話せるようになった日本人は一体どんな勉強を実践しているのか?

日本人であっても英語を自由自在に扱うためにあなたが今すぐにすべきことを全て具体的にご紹介しているのがこの教本です。

ラインマスター式について詳しく知りたければ、今すぐに手に入れて読んでみて下さい。「もっと早く知っておけば…」と、大勢の方が後悔されています。

* 郵送版は在庫僅かです。なくなり次第販売終了。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL!バーチャル留学メール講座(9/18)タレコミ情報

今日は リスニングの fill-in-the-blank 「穴埋め」エクササイズとして、The Hare and The Tortoise (ウサギとカメの寓話)の英語音声を使ったトレーニングを実践しました^^

日本にいながら本場の英語学校の勉強・トレーニング内容を体験出来る唯一のメール講座です!今なら先着100名限定で、お申し込み頂いた受講期間と同じ期間「ラインマスター毎日英語塾」を無料で受講頂ける特別キャンペーンを実施中。これはお得^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/

esl10_2

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ