どうすれば英語で間違えることが恥ずかしくなくなるか?

こんなメールを頂きました。

「渡邊先生、英語を話すことが恥ずかしくて仕方がありません。特に、自分の話す英語が間違っているのではないかと思うと恥ずかしくてなかなか言葉が出てこないのです」

なるほど、そのお気持ち、よく分かりますねー。実際、私も昔はそんな感じでした。何とか英語を話そうとするわけですが、間違えていたらどうしよう…笑われるんじゃないか?と思うだけで、ついつい下を向いてしまう^^;

でも、そんな日本人は多いんですよ。皆、間違えることを極端に嫌うんです。なぜでしょうね。その一つの原因は「カッコつけている」ことにあります。つまり、自分を良く見せたいという気持ちが強いということです。だから、少しでも間違えたり、失敗したりすると、恥ずかしくなってしまうんですね。

そもそも「英語を話せるようになりたい!」という気持ちというのは多かれ少なかれ、他人に自分を素敵に見せたい、或いは格好よく思われたい…という本能からくるものです。

かく言う私自身も、英語を勉強し始めた本来の目的というのは「女の子にモテたい!」「自分をフッた彼女を見返したい!」という甚だ不純なものでした^^;「英語を話せるようになってカッコいいと思われたい!」と願っていたのです。

しかし矛盾するのは、英語の勉強を始めてから実際の英会話などでサッパリ話せない、聴き取れない「カッコ悪い(=恥ずかしい)」自分の姿…。本来の目的は「カッコ良くなりたい!」だったのに、ちっとも cool ではない^^; むしろ恥ずかしい存在になりつつある…。

そんな時、私は一つの真理を悟ったのです。

「カッコつけることが、結局一番カッコ悪いのではないか?」

はい、そういうことなんです。カッコつけるから、少しでも間違えると恥ずかしい気持ちになるということ。最初から格好なんかつけなければ、何も気にする必要はありません。

これ、実はアメリカの英語学校(ESL)の先生にも言われたことなんです。カッコつけるな、と^^ ヒデキは日本人なんだから、間違えてもおかしくない。そんなことよりもどんどん間違えて、正しい英語表現を覚えると良いと言われました。

その結果、私は英語を話すことがちっとも恥ずかしくなくなりました。正直、今だってメチャクチャな英語を口にすることも多々あります。しかし、そんなこと気にしない、気にしない^^ 間違えたら、後で訂正すればいいじゃないですか。

だから今、英語を話すことが恥ずかしくて仕方がない…とか、間違えるんじゃないかと思うと怖くて話せない…とかいう人には、とにかく「カッコつけるな」と言いたいです。たったそれだけで「恥ずかしさ」も「怖さ」も全部吹っ飛んでなくなりますよ。

結局、あなたを追い込んで苦しめているのは、他の誰でもない、「あなた自身」が持つ妙な「こだわり」であったり「思い込み」であったりするものなのです。もっと自分を開けっ広げにして、委ねてしまいましょう。

それだけで本当にラクに英語を話せるようになりますから^^

 

追伸:

今、まったく英語を話せない、聴き取れない!という日本人は一体何から勉強すれば良いのか?実際に英語を話せるようになった日本人は一体どんな勉強を実践しているのか?

日本人であっても英語を自由自在に扱うためにあなたが今すぐにすべきことを全て具体的にご紹介しているのがこの教本です。

* 郵送版は在庫僅かです。なくなり次第販売終了。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ ラインマスター毎日英語塾(9/17)タレコミ情報

今日は火曜日でしたのでリスニングの練習として VOA Learning English より Words and Their Stories の音声を使ったトレーニングを行いました。明日はTOEIC(R)テスト対策をお送りする予定です^^

あなたも今すぐ参加しませんか?何と言っても英語力が本当に身に付くと評判ですし、今なら【10日間の無料おためしキャンペーン】実施中!チャンスです^^(月謝もかなり安いですしね)

↓↓↓
http://www.loftypub.com/linemastermej/

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ