あの人は英語話せてスゴイな~!で終わらせないこと

昔から十人十色と言われるように、人がいれば人の数だけ「性格」というのは存在しますね。「優しい人」、「怒りっぽい人」、「謙虚な人」、そして「厚かましい人」等々、世の中には実にさまざまな性格の人がいるわけです。

一般に、日本人には「控えめな人」が多いとされます。控え目というのは「謙虚」ということですね。自分なんかとてもとても…と、常に他人に対して「謙って(へりくだって)」いるような人のことです。

例えば、英語をペラペラ話せる人に出会うと「すごいなー」「憧れちゃうなー」「とてもじゃないけれど自分には無理だな…」と感じてしまうのも、このような「謙虚」なタイプの人に多い傾向と言えます。

それはそれで決して悪いことではないのですが、これから英語を話せるようになりたい!と思われていらっしゃるのであれば、もう少しアグレッシブになっても良いかと思います。

実際、私が若い頃に英語を身につけようとした時、常に心の中に秘めていた「思い込み」があります。それが…

「あいつに出来て俺に出来ないわけがない!」

というもの。非常に高慢と言うか「上から目線」的な思い込みですけどね^^;

しかし、それぐらいアグレッシブに考えていたからこそ、英語の習得に成功したのではないかとも思うのです。ここで、私が妙に謙虚な姿勢を貫き、「あの人には才能があったから…私には絶対無理」「あの人はすごい、私はダメ…」「私になんか無理に決まっている…」と思い続けていたらどうなっていたでしょう

自分で「自分にはムリだ」と言い続けているんですから、目標が達成できるはずがありませんね^^; こういうのは本当に単なる精神論ではなく、実際の目標達成や結果にモロに影響を与えるので特に注意が必要です。

従って、もしあなたの周りに英語ペラペラの人がいてそんな人を見てあなたが仮に「すごいなぁ…」と思っても、決して「あの人は特別、私には無理…」とは思わずに、「フン、あの人に出来て私に出来ないはずがない!」と考えるようにした方が良いです^^

これは高慢でも高飛車でも何でもなく、一つの目標を達成するためのプロセスにおいてはごく「健全な」メンタリティであると考えて下さい。逆に、自分自身を卑下したり、自虐的に考えることこそ、不健康で屈折しているということを知りましょう。

「あいつに出来て、私に出来ないわけがない!」

これ、超ポジティブでパワフルな言葉です。ぜひ、常にこのフレーズを心の中で叫び続けてみて下さい^^ 必ず目標を達成出来ますよ!

 

追伸:

今、まったく英語を話せない、聴き取れない!という日本人は一体何から勉強すれば良いのか?実際に英語を話せるようになった日本人は一体どんな勉強を実践しているのか?

日本人であっても英語を自由自在に扱うためにあなたが今すぐにすべきことを全て具体的にご紹介しているのがこの教本です。

* 郵送版は在庫僅かです。なくなり次第販売終了。

* 連休中にお申込みが集中しております。連休明けより順次発送致しますのでご了承下さい。

neemfr 「英語英会話・実践マニュアル2013」

↓↓↓
http://www.loftypub.com/neem/

 

■ 自宅でESL! バーチャル留学メール講座(9/16)タレコミ情報

今日はアメリカのスラングを15個、例文つきで詳しく勉強しました^^ このようなスラングは日常英会話だけでなく洋画や海外ドラマなどでも頻出の語句です。このメール講座では今後も定期的にスラングをたくさんご紹介する予定です。

日本にいながら本場の英語学校の勉強・トレーニング内容を体験出来る唯一のメール講座です!今なら先着100名限定で、お申し込み頂いた受講期間と同じ期間「ラインマスター毎日英語塾」を無料で受講頂ける特別キャンペーンを実施中。これはお得^^

↓↓↓
http://www.loftypub.com/esl/esl10_2

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

トラックバック&コメント

この投稿のトラックバックURL:

コメントをどうぞ

このページの先頭へ